月一の学びである「呼吸の探求」が楽しいHA☆RUです照れ

 

この前は、なぜ呼吸の学びを続けてるのか?と改めて自問自答する時間がありました。

 

遡る事、約10年前。

お友達に誘われて始めたヨガ。

何となく気持ち良いかな?って思って通ってました。

 

体調が悪かった30代、ヨガを始めて

自律神経失調症も改善されていき、体調も良くなって行きました。

ヨガの資格を取ると決めて、哲学なども学び始めて、精神的にも楽になってきました。

呼吸法なども学び、呼吸も少しづつ深くなって行きました。

 

そんな私が、今学んでる「呼吸・整体」に出会ったのが2~3年前くらい。

 

あれ?私、意外とチカラ抜けてない。。。

アレ?私、意外と息が上手く吐けてない。。。

あら?チカラ入っちゃってるかも。。。

そんな衝撃的な気付きがありました。

 

今、思えば、ヨガのインストラクターだからって

姿勢をピーンとして、キレイなポーズを取ろうと

チカラいっぱい頑張っていたのかもしれません。。。

 

そんなことに気付けた私は、呼吸の学びを始めました。

 

まさか、ピーンとした姿勢が、呼吸を浅くしていたとは。。。。あせる

 

背筋ピーン、膝ピーン、ってしてたらそれは緊張が身体に走ってる証拠。

そして、身体は辛そう。。

 

そう、

私はヨガの時も日常生活でも無駄に変なチカラが入っていたのでした。

 

そこから、日常の呼吸を変え、身体の声を聞き、呼吸のニュートラル®でいるようにしていきました。

 

最近では、無駄なチカラが抜けて楽にヨガが出来るようになり、

日常も楽に過ごせるようになりました。

 

身体の声にも耳を傾けられるようになり、グラウディング力も感じられるようになりました。

そうする事で、頭で考える事も少なくなり、楽に生きられるようになったのです。

 

ヨガをしながらもチカラを抜く。

チカラを抜くは脱力とも違います。

しっかり身体が巡ってるような感覚。

 

そんなこんなで、今、身体も思考も楽に生きられてます。

 

ヨガのインストラクターだから。とか

ママだから。とか

先生だから。とか

関係なく、

ありのままの自分で、楽に生きられたら最高ですね。

 

呼吸と身体を感じるってコトを、改めて学び直した感じ。

 

呼吸の学びを始めて、自分が楽に心地よくヨガ出来るようになったので

この感覚を皆さんにシェアしたいなって思って

今は、呼吸・整体の1つのワークを教えられるように勉強中。

 

呼吸を学んでる仲間も、なぜ呼吸を学んでるか?言語化するのが難しいと言ってます。笑

ホントに、難しい。。笑

 

呼吸を学んでるんだけど、瞑想もしてるし、マインドフルネスもしてるし

生き方を学んでる感じもあるし、一言でも上手く説明できない。

 

身体を向き合う時間を大切にしてる感じなのかもしれません。。

 

そんなこんなで、私は呼吸の学びの時間が大好きなようです。

だから学んでるでしょうね。

 

皆さんにシェア出来るよう、来月の試験に向けて出来る事をやっていきます。

 

HA☆RU