鬱病、乳がん、アレルギー 、適応障害、CRPS、対人恐怖症 に悩む人向けのメール相談・アドバイス・カウンセリング

鬱病、乳がん、アレルギー 、適応障害、CRPS、対人恐怖症 に悩む人向けのメール相談・アドバイス・カウンセリング

鬱病、乳がん、アレルギー 、適応障害、CRPS、対人恐怖症 に悩む人向けのメール相談・アドバイス・カウンセリングをする藤原マミのブログです

飛び降りると痛いんだろうかと
近所で子供が話していました。

人を殺してはいけないことは
親から教えられます。

自殺は自分を殺すことです。

他人か自分かの違いで
殺人であることに変わりありません。

痛いだろうかという前の問題です。

CRPSとうつの両方で苦しんでいた時は、
私も死ぬことを考えてました。

浮かんでくるものは止めれないので
考えるなとまでは言いませんが、

自分を殺しても何の解決にも
ならないことは、覚えておいてください。

魂になっても苦しみます。

抜け出てみてわかったことですが、
その当時の悩みは死ぬほどでは
ありませんでした。

足が不自由だと生きていけないと
思ってました。

仕事がない時は、
お金は医療費に湯水のように消えていき、
生きることは苦でしかありませんでした。

でもそれは、
私が人を頼るとことができない
ところに問題がありました。

人を頼るだけで、楽になりました。
これだけです。

悩みの多くはそんなものなんです。

だから、一時の感情で
全てを決めないでください。

自分だけだと、なかなか辿り着きません。
一緒に悩みの元を探していきましょう。



メール相談の詳細はこちら
「こんな自分を認めることができません」
と言われました。


・出来てない自分
・ダメな自分

そんな自分にばかりに目が向いています。

だけど、欠点は誰にでもあるもの。

あなたから見ると完璧に見える人や
自信満々な人にも、欠点はあるんです。

私から見ると、欠点とは思えないような
ことまで悪く思い込み、
悩みの種にしています。


この傾向にある人は、
「こんな良いところがあるじゃないですか!」
と言っても、頑なに認めません。

これだと、自分の首を絞めてるだけだと
思いません?


あなたから良く見える人は、
自分の良いところに目が向いているんです。

欠点も自分の一部と認めているんです。

自分の良いところがわからない人は
一緒に探していきましょう。

そうすると、他人と比べてばかりの生活
から抜け出せます。


これまでの癖がついているので、
すぐになおるものではありません。

新しい習慣を身につけるには
気付く度に自分で修正していくというのを
地道にやっていくしかないんです。

比較をやめると、自分が主体になります。
そうなると、こっちのものです。
人生が数倍楽しくなりますよ。


メール相談の詳細はこちら
うつ状態の時は、周りの期待は
焦りになる場合があります。

うつの時は、やりたいことがあっても
できない状態になっています。

思考力も行動力も、
ぐんっと落ちているからです。

外に出れるくらい回復してきても
うつになる前と比べると
全然追いつきません。

こんな時、
側から見ると何もしてないように
見えるかもしれませんが、

本人は必死で頑張ってることを
わかってください。


私は、周りから特に言われることは
ありませんでしたが、
それでも焦ってました。

何か結果を出さないと
申し訳ないような気持ちに
なるんです。

元々、自己否定や自責の念が強い人は
それが加速してしまいます。


このままではいけないことは
本人が一番よくわかっています。

会社での立場、家庭での立場
様々な場所で結果を求められると
負担になるばかりです。

できない自分に焦りを感じる。
ストレスがストレスを生み悪循環にはまる。

こうなると、また悪化してしまいます。


周りの人も、ゆったりした気持ちで
見守ってあげてください。

応援する」くらいの感覚が丁度いいです。



メール相談の詳細はこちら