人は、どうして結婚するのでしょう?

 

あなたの場合は、なぜ結婚したのですか?

 

 

これ以降は、あくまでも私個人としての見解になりますが...

 

 

「結婚」は、お互いに ”楽になるため” にするものだと思っています。

 

主に、経済的な面や、精神的な面がメインとなるかと思います。

 

 

なかには、「子どもが欲しかったから」とか「好きな人とずっと一緒にいたかったから」とか、結婚の理由は いろいろあるかと思います。

 

 

でも、結婚して子どもを授かったり、好きな人と一緒にいられたりしても「苦労が絶えない」とか「毎日、辛い」という結婚生活は、いかがなものでしょう?

 

 

もちろん結婚生活には、様々な”苦労”が付き物です。

その苦労を夫婦で力を合わせて乗り越えていくことで、愛情や絆が深まります。

 

 

ですが現実は、どちらか一方だけが苦労を背負い、悩みを抱えている夫婦が少なくないと感じています。

 

 

そのような夫婦に毎日 直面している私としては、改めて声を大にして言いたいのです!!

 

 

「もっと、楽な夫婦関係を模索しましょう!」と!

 

 

たとえば、このようなことでストレスを感じて悩んでいる人もいます。

『夫が帰ってきても笑顔で「お帰りなさい」が言えません。 夫のことは嫌いではないのですが、夫は口うるさい性格なので、話すとカチンとしてしまうことも多くて、最近は顔を合わせたくないと思ってしまいます』

 

 

この奥様は、夫に笑顔で「お帰りなさい」と言えない自分は「ダメな私」というレッテルを貼っていました。

 

 

これに対する私の答えは、「笑顔で”お帰りなさい”を言う必要はありません」と言うこと。

 

 

「ご主人が、”笑顔でお帰りなさいと言わなければ離婚する” と言ったのですか?」

 

「ご主人が、”笑顔でお帰りなさいと迎えるように強制したのですか?」という問いに対して、奥様の答えはNOでした。

 

 

要するに、全て「妻は、こうあるべき」という、”思い込み” や ”すり込み” から、自分で自分を追い詰めているのです。

 

 

笑顔で「お帰りなさい」と言えないのなら、代わりに真顔で「お疲れさま」でもいいのです。

「お風呂、湧いてるよ」でもいいのです。

 

「こうしなければいけない」という呪縛から、妻も夫も開放されましょう!

 

 

 

「楽な夫婦関係」に対して、なぜか「罪悪感」を抱く人もいるようですが、「楽」で何が悪いのでしょう?

 

 

人類は、これまで何億年、何千年もかけて「楽になる方法」を模索してきました。

この地球に人類がいる限り、これからも「楽」を追求し続けることでしょう。

 

 

「物質的な楽」だけではなく「夫婦関係の楽」も、今後 私たちは真剣に考えていくべきなのではないかと思っています。

 

 

まず、”楽の第一歩” として、「〜しなければいけない」「〜すべき」を疑ってみることです。

 

それって、本当に「するべきことなの?」「誰が決めたの?」と。

 

 

もっと、楽な夫婦関係を一緒に考えていきませんか?

 

 

===============

 

【無料メルマガ】

『夫婦のための読むカウンセリング』

 

===============

 

【著書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===============

【過去のブログ】

 

離婚問題・夫婦問題・男と女の本音を暴露

 

===============

 

【連載】

 

健康食品会社「やずや」さんが運営するWebサイト、『ココカラ大学』のなかで「ココカラ夫婦物語」という連載を担当させていただいています!

↓  ↓  ↓

『ココカラ夫婦物語』はコチラから無料でご覧いただけます。

 

 

 

 

 


結婚生活ランキング


ワーキングマザーランキング


共働きランキング