離婚理由で一番多い「理由」を知っていますか?

 

実は、その理由は常にトップで、何年も変わっていません。

 

それは、「性格の不一致」

 

 

メディアでは、有名人の浮気や不倫の記事が取り上げられることが多いですが、現実に離婚に至る理由は「性格の不一致」が飛び抜けて多いということをご存知でしょうか。

 

 

私のところに ご相談に訪れる人たちも例外ではありません。

 

もちろん、不倫、DV、嫁姑問題などで悩みを抱えている人たちも少なくありません。

 

 

でも、ダントツなのは、そのような いわゆる大きな夫婦問題よりも、日常の生活の中で起きている「不満」や「不安」の積み重ねから起きる夫婦問題だということ!!

 

これを言うと、意外に感じる人も多いのですが、他人事に思っている人も、いつ自分の身に起こっても不思議ではないことだと認識していただきたい!

 

 

たとえば...

 

 

「夫は仕事にしか興味がなく、私にも子どもにも無関心で、家のことは何もしてくれない」。

 

「食べっぱなし、脱ぎっぱなし、やりっぱなしの夫にはウンザリです。これまで何度も言ってきましたが、もう限界です」。

 

「夫の顔色を伺いながら生活することに疲れました」。

 

 

このように、夫が浮気したわけでもなく、ギャンブルに明け暮れているわけでもない、「普通の家庭」の主婦たちが、音(ね)をあげてしまう現状は珍しいことではありません!!

 

 

それが、どんな人の日常にも潜んでいます。

じわじわと襲いかかり、気づいた時には全身 蝕まれている...という状態です。

 

 

今の時代に生きる女性たちの多くは、「必要のないパートナーと人生を終えよう」とは思っていません。

 

 

60代でも、70代でも、これからの自分の人生をやり直そうと離婚する時代です。

 

 

自分なりの離婚理由があって、相手の同意があれば いつでも離婚できます。

 

 

離婚までしなくても、「別居」という手段もあります。

 

 

自分を理解してくれようとしないのは、言い換えれば「大事にされていない」ということです。

 

 

離婚を推奨するわけではありませんが、離婚しないのであれば、本気でやり直す「覚悟」を持ってください。

 

 

「本気でやり直す覚悟」にも、2種類あります。

1つは、本気で「相手と向かい合う」覚悟。

もうひとつは、「相手を気にしない」覚悟です。

 

 

「相手と向かい合う覚悟」は、ハッキリって かなり根気がいります。

消耗もします。

 

でも、本気で相手と向き合ってみると、いろいろな気付きが得られます。

相手への尊敬だったり、改めて好きになったり、逆に 諦めだったり...。

 

「やることはやった!」という自分へのエールだったり...

「もう好きなようにしていいんだ」と吹っ切れる人もいます。

つまり、「本当の自分の気持ち」が明らかになるのです。

 

 

もうひとつの「相手を気にしない覚悟」は、残酷ですが「いない人」と思ったり、「ただの同居人」とか「ATM」と思うか...ということです。

 

「いない人」と思っていた人が、水回りの修理なんかしてくれたもんには、「ラッキー!」としか言いようがありません(笑)

 

 

昔から、離婚の理由は、変わりません。

「日頃の不満の積み重ね」なのです。

 

 

日頃の不満を積み重ねないようにすることが、何よりも大事です。

 

ですが、どうしても苦しい時は、自分で自分の人生を選択することができるのです。

 

===============

 

【無料メルマガ】

『夫婦のための読むカウンセリング』

 

===============

 

【著書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===============

【過去のブログ】

 

離婚問題・夫婦問題・男と女の本音を暴露

 

===============

 

【連載】

 

健康食品会社「やずや」さんが運営するWebサイト、『ココカラ大学』のなかで「ココカラ夫婦物語」という連載を担当させていただいています!

↓  ↓  ↓

『ココカラ夫婦物語』はコチラから無料でご覧いただけます。

 

 

 

 

 


結婚生活ランキング


ワーキングマザーランキング


共働きランキング