久しぶりに「旦那デスノート」をのぞいてみました!

 

いや〜、相変わらず激しいですね...ガーン

 

これほど、旦那さんに 死んで欲しいと願っている妻がいるのかと思うと、世の中の旦那さんには、マジで奥様のことをもっと真剣に考えていただきたいと思いますね...。

 

 

「旦那デスノート」は、気まぐれやストレス発散の場として活用している人も多いのかな〜という印象ですが、でも中には”本気”で旦那の「し」を望んでいる人も多く、「本当に旦那が亡くなりました」というような投稿には、「おめでとうございます!」「あやかりたいです」という投稿も目立ちます滝汗

 

 

「離婚をしたい」というよりも、多くの人は「未亡人になりたい」と思っているようなんですよね。

 

 

「離婚は大変だ」「経済的に不安だ」と考えている人がほとんどで、「それなら、相手が死んでくれたほうが楽だ」と思うようです。

 

 

旦那が事故や病気で亡くなれば、自分は悲劇のヒロインになれるし、遺族年金ももらえるし、場合によっては労災や損害賠償の対象にもなるし、自宅のローンもなくなる...というわけです。

 

 

まぁ、ほとんどが「神頼み」ということなのですが、その「神」は”死神様”なのですドクロ

 

 

旦那の し を願うのは勝手ですが、その しっぺ返しが自分に返ってこないとも限りませんので、十分に覚悟の上、していただけたらと思います〜

 

 

でも、本気で旦那のことが嫌なら、いつ叶えてくれるかわからない死神様にお願いするよりも、本気で離れるなり離婚するなりしたほうが早く幸せになれると思うよOK

 

旦那デスノート

 

 

===============

 

【無料メルマガ】

『夫婦のための読むカウンセリング』

 

===============

 

【著書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===============

【過去のブログ】

 

離婚問題・夫婦問題・男と女の本音を暴露

 

===============

 

【連載】

 

健康食品会社「やずや」さんが運営するWebサイト、『ココカラ大学』のなかで「ココカラ夫婦物語」という連載を担当させていただいています!

↓  ↓  ↓

『ココカラ夫婦物語』はコチラから無料でご覧いただけます。

 

 

 

 

 


結婚生活ランキング


ワーキングマザーランキング


共働きランキング