夫や妻、子どもに対して「怒り口調になってしまう人」、無意識にでも「否定的な返答になってしまう人」は、今すぐにでも改善してください!

 

 

特に、「何でウソをつくの!」とか「何でこんなことをしたの!?」というような「何で?」という言葉で相手を追い込んでしまう人も要注意!

 

 

「いつも怒られる」と感じている人や、「否定的な意見しか返されない」「何で、何でと責められる」と感じている人は、その相手に対して心を開くことはありません。

 

 

さらにウソをつくことで、その場から逃げようとする意識が働くでしょうし、「怒られまい」とするために秘密が増えます。

 

 

言っている人は客観的に考えればわかるはずなのに、当事者側に立つと、状況がサッパリと見えなくなってしまう人が多いのです。

 

 

ちょっとした相手の「ウソ」や「ルール」に厳しくなりすぎていないか、もう一度 思い返してみてくださいね。

 

 

上記のような言葉で、知らず知らずのうちに相手を追い込んでいることも多く、夫や妻から本気で怖がられているかもしれません!!

 

 

言い方は、大事です。

相手が、もっと話したくなるような言葉がけをしていくのが賢いやり方ですウインク

 

 

===============

 

【無料メルマガ】

『夫婦のための読むカウンセリング』

 

===============

 

【著書】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===============

【過去のブログ】

 

離婚問題・夫婦問題・男と女の本音を暴露

 

===============

 

【連載】

 

健康食品会社「やずや」さんが運営するWebサイト、『ココカラ大学』のなかで「ココカラ夫婦物語」という連載を担当させていただいています!

↓  ↓  ↓

『ココカラ夫婦物語』はコチラから無料でご覧いただけます。

 

 

 

 

 


結婚生活ランキング


ワーキングマザーランキング


共働きランキング