著者の石川和男さんは、建設会社の総務経理担当部長であり、大学講師でもあり、時間管理コンサルタント、セミナー講師、そして 税理士という5つの仕事をもつスーパーサラリーマン!

 

おまけに、今までに何冊ものビジネス書も出版しているという......

 

いったい、どんな時間管理をしながら1日を過ごしているのだろう??

 

そんな石川さんに興味を抱き、さっそく『30分早起きして自分を変える「すごい朝時間術」』(総合法令)を読んでみました。

 

 

石川さんが徹底的に実行しているのは、「無駄な時間を省く」ということ。

電話やメールがこない誰にも邪魔されない「朝」の時間を、自分の目標達成のために、いかに有効に使うかは、とにかく無駄をなくして、効率化を図ること。

 

 

「朝時間を、夜の3倍、効率的に活用する方法」や「誰でも早起きできる10のテクニック」では、石川さんが実際に取り入れているテクニックやコツが具体的に解説されています!

 

 

どうして朝なの?

夜じゃダメなの?

 

と思う人も、この本を読めば解決できます。

 

 

かく言う私も、実は「夜型」でした。

 

これまで、締め切りのある原稿や、ご相談者へのメール返信など、すべて深夜に行っていました。

深夜こそ誰にも邪魔をされない自分だけの時間で、集中できたのも確か。

 

 

でも、そうすると、朝日を浴びてから仮眠をとって、寝不足のまま仕事の続きをする...ということになるわけです。

 

 

これって、効率的なのか そうじゃないのか、だんだんわからなくなってきて...でも、よく考えてみると健康的じゃないし、疲れも取れないような気もするし...。

 

 

「私は、深夜のほうが集中できるんだ!」と、意味もなく思い込んでいただけだったのかも...と気付いたのです。

 

 

そんなとき、持病の手術をすることが決まって、入院することに!

初めての手術&入院でドキドキでしたが、入院生活をすることで強制的に規則正しい毎日を送らざるを得なくなりました爆  笑

 

 

私は個室だったので、消灯時間は深夜0時まで大目に見てもらえました。

0時になる頃には自分で電気を決して寝るのですが、今までの私なら深夜0時でも活動の時間だったわけですから、入院生活前半は慣れませんでしたね。

 

 

ですが入院中に、朝6時半に起床していた毎日から、6時、5時半、5時とスッキリ目覚めるように変わっていきました。

そうすると、自然と夜も早めに眠くなります。

 

 

入院中にあまり早く起きすぎても、することがなくて困ってしまうのですが、体調が良くなった後半の入院生活は、この朝の時間を執筆の仕事に当てたのです。

 

 

たった10日間の入院生活でしたが、退院した現在も、朝の時間を有効活用することは続いています。

そして、再度 石川さんの著書を読み込み、もう少し朝の時間を有効に使うために見直したり工夫したりしているところです。

 

 

でも、朝のホットコーヒーは、まだやめられないんですよね...

朝活を定着させるためにも、冷たい飲み物に変えて、シャキッとできるように頑張ります〜

 

 

 

===============
 【無料メルマガ】
 

『夫婦のための「読むカウンセリング」』
ご登録お待ちしています♪
 
登録はコチラ→https://maroon-ex.jp/fx64900/1ebYMq
 
※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 

 

===============

 

【著書】

 

『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』(左右社)

は、コチラからチェックしていただけます!

https://goo.gl/B8sVzj

 

 

===============

 

HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ

 

===============

 

【連載】

 

健康食品会社「やずや」さんが運営するWebサイト、『ココカラ大学』のなかで「ココカラ夫婦物語」という連載を担当させていただいています!

↓  ↓  ↓

『ココカラ夫婦物語』はコチラから無料でご覧いただけます。

 

 

 

 

 


結婚生活ランキング


ワーキングマザーランキング


共働きランキング