成功

テーマ:

ビジネスで成功を収められた方から聞いたお話キラキラ

 

20年前初めて今のビジネスに関わった時、期待感を持ち意気込んで仕事に取り掛かったものの、いきなりうまくいかずめげた。...
心が刃物で刺されたような気分だった。
今思うと、大抵の人はここでやめるのだと思う。

 

その後方法を変え、以後軌道に乗り始めた。
29歳から10年間その仕事に取組み、ある程度の結果を出した。
しかし自分の中では成功とは言えなかった。
(一般的には成功のレベルだと思いますが、この方にはもっと大きな使命があったのでそう感じられたのだろうと思いました)

 

別のビジネスをしようかと考えていた時、ある人との出逢いにより自分はやり方を全く分かっていなかったと知る。


AKBなどの産みの親・秋元康氏がプロデュースすると必ず売れるように、ビジネスにもコツがあり必ず成功する方法がある。


それは誰にでも出来ることだが、それをコツコツとやり続けるかどうかが成功するか否かの分かれ道だと知った。

 

教えてもらっている時は、「でも・・・」「だって・・・」「そんなこと言っても・・・」「僕が思うには・・・」などなど、色んな言葉が口をついて出そうになるのを「ごっくん」と飲み込み、ひたすら相手の教えを実践していくうちに、うまくいく人には理由があることを知る。

何のために、何をするのか?という自分にとっての軸を明確にする。
逆に言うと、その軸が定まっていない段階での行動は控えたほうがいい。
自分の目指すところを明確にしたら、そこにたどり着くための歩みをする。
ビジネスの本質をしっかり理解する。


自分軸を作る。(何故するのか?何のためにするのか?何を、誰に、伝えたいのか?)
正しい手順で進める。(自己流ではなく成功流)
情報入手は自ら動く。与えられるのを待っていてはダメ。


一定期間集中して取り組む。
スケジュール管理をしっかりする。

この方のお話を聴いてこんな話を思い出しました。


数年前にある大学教授から聞いた話ですが、昔「雨乞い」をすると100%雨を降らせる巫女さんがいて、日照りで作物が出来ず困ると村の人達はその巫女さんに「雨乞い」を頼んだそうです。 百発百中、必ず雨が降ったそうです。
なぜ「雨乞い」の話と上記のビジネス成功者の話が繋がるのか、わかりますか??