こんにちわ、じとーっと、ベターっとして嫌な季節となりましたね、Harry's quilling教室の Junです雨

  

ご報告が遅くなりましたが、先月はボタニカルクイリング®︎ジャパンWEB展覧会2021へのアクセスありがとうございました。(いま?いま言うか?な空気を感じます)

 

今更感漂う空気、ビシビシ感じながら、今回の私の作品紹介をしたいと思います。


 

今回の作品題名は、little happiness(小さな幸せ)

イブキスミレとアジアンタムを制作しました。

  

コロナ禍で生活が変わりました。

日常が小さな幸せに溢れた毎日に戻りますようにと言う願いを込めて。

『小さな幸せ』その花言葉を持つスミレを制作しました。

 

制作過程でどーしても作品に取り入れたいものがありました。シルクスクリーン です。

 

私の生徒様にトールペイントやデコパージュの先生がいるのです。その方のアトリエへ勉強させていただきました。まずは、マスクにシルクスクリーンを。


 

こんなにいっぱい!色も塗ってます

 

実は、こちらのレースもシルクスクリーンの練習


 

そーして、こちらを作りました。



 

器にシルクスクリーンをしてます。

  

レースの糸のほつれや影なども描いたのですが、作品を貼り込むうちに、全て隠れるって言うチュー

 


 

スミレは1ミリペーパーで彩色でグラデーション。

スミレの葉とアジアンタムは2ミリペーパーで制作してます。

 

濃淡をつけたいので、全体的にコピックを乗せて色を入れてます。

 

今回は、作品紹介をインスタライブで!に挑戦もしました!そのスクショはこちら


 

ご視聴いただかなー?

 

この私、ド新人なんですよね〜。

別の言い方は、ひよっこヒヨコ 

なのに?この日のインスタライブでは、大トリ鳥を務めさせていただきました。

 

んも〜ね、実は、連日打ち合わせがあったんですよ!

ホスト役はパキラズガーデンの新井裕子講師!

前日はなかたに先生のレッスンもご一緒させていただいてましたので、ランチしながら質問内容などもチェックしたり。 

 

それなのに、おいでそれなのに!

 

インスタライブで新井講師から言われ、唯一答えられなかった最後の質問。不意打ちでしたね、終わりかけでした、

 

 Jun ibqは繊細な作品が多いですが、ご本人と作品のギャップについてお答え下さい。

 

んなこと、わかるかいな!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。