多治見市少年少女合唱団 クリスマスコンサート | ハープといる日々〜小川真騎子

ハープといる日々〜小川真騎子

ハープ演奏活動してる者です。
小さい時から絵を描く親戚が多く(中には日本画家 林雲鳳さんもいたりして(今でしょの林修さんのおじいさま))音楽をやる人生になるとは・・という自分ですが楽しんでます(*^_^*)

先日は多治見市少年少女合唱団
ライオンキング
クリスマスソング
ヘンデル メサイア

といったプログラムでした。

ハープはライオンキングのみの乗り番でした。



小さな小さな 子ライオンでも
1人1人が全身で歌うお願いお願いキョロキョロびっくり爆笑照れお願いお願い
子ライオン、可愛すぎて連れて帰りたくなりました




保護者の方と話してたら
厳しい練習でも
なんだかんだ歌が好きなんですよね、うちの子
音譜

歌うのが気持ちいいみたいで。
と。

この団の子達の声を

相変わらずの
柘植先生のパワー。。

柘植先生パワーは宇宙を突き抜けていってしまいそうです。

先日全国音楽コンクールで優勝された前田ひよりさんもいま全国で活躍されている松原凜子さんもこの団から。


アンサンブルセラの皆さん、コンマス一策さんありがとうございます
皆さんの安定した音ですごく弾きやすかったです



メサイアの響きがとても自分にとって新鮮なものでした

令和元年 自分を深く深く見つめきる時間はもう残りすくないです


音とともに。。