昨日無事に六本木の老舗ジャズクラブ、サテンドールでのジャズライブパーティでの演奏が終わりました!



20130613-231041.jpg


リハ風景からもお分かり頂けるとおり、なんとまあ贅沢な編成。クラリネットの谷口英治さんを筆頭にオーガナイザーのビブラフォン奏者吉田吉輝さん、トロンボーンの上杉優ちゃん、ピアノの出口誠さん、ウッドベースの山口祐之さん、ドラムの岡田朋之さん、そしてボーカルの吉田沙良ちゃんという、いやまあ何という豪華な編成。






実は5年前にも同じ吉田吉輝さんのサテンドールでのパーティでご一緒させて頂いているのですが、少しは成長したかしら....









因みにこれがボーカルの吉田沙良ちゃん。かわいい~♪───O(≧∇≦)O────♪




20130613-232230.jpg




興奮は置いておいて、ハープがこんなふうにジャズバンドに入れて頂くことなんて、本当に本当に稀なんです。大抵はハープはクラシックから勉強するので、ちゃんとパート譜のあるブラスバンドのジャズものなんかはそれなりに学校でも演奏したりするのですが、メロディにコードが書いてあるほぼ真っ白な楽譜を当日頂いて「じゃあこんな感じで、てきとーにアドリブ回して行きましょう」なんて芸当は、音大卒業時にはとても考えられないことでした。






卒業後先輩に手引きしてもらい、半ベソをかきながら仕事のレパートリーを増やすためになんとか少しずつコードを読めるように勉強し、コードネームを見て瞬時にペダルに足が行くように訓練し、仕事で飽きないようにちょっとずつアドリブに挑戦し...やっと十分の一人前位に「ジャズに似た雰囲気」みたいなものが出せるようになってきたかな、と思っていた今日この頃でした。






でも殆どの場合は一人でソロを弾いているだけなので、所詮は独りよがり。こうして一流のジャズミュージシャンの方々と一緒に演奏させていただくと、皆さんの「楽器と仲良し度」に度肝を抜かれます。






クラシック奏者は、とにかく苛酷に楽譜と楽器と向かい合うという感じなのですが、ジャズ奏者の方々は全く違った音楽との向かい合い方をしているのだと思います。でもあの自由に楽器と仲良ししている裏にはものすごい訓練をしているのでしょう。






兎にも角にも、素晴らしい経験をさせていただきました。



ああ、雨やまないかなあ。





iPhoneからの投稿