誰でもできる「幸せになる習慣」

昨日、年長さんの生徒さんからお聞きした「素敵な習慣と親子のコミュニケーション」についてご紹介します。

 

この写真は、英語レッスンの日の後にお母さまがラインで送ってくださったものなんですが。。。

 

 

これ、実は私へのお手紙じゃないんです。

 

このお子さんとお母さまは、毎日その日にあった感謝の想いをノートに書いて「感謝日記」のようにしているのだそうです。

 


「がっしょう」と書いてあるのは、私と一緒にお母さまの前でお歌を歌ったことです。

 

お母さまが「Silent Night (きよしこの夜)」のお歌が大好きと知っているお子さんが、

 

普段は、「誰かの前で歌うのは恥ずかしい」と言っていたのに、この歌だけはお母さまに歌ってあげたいと思ったようで、少し前から練習していたんですが、昨日は、お母さまの前でもしっかり声に出して歌ってくれたのです。

 

 

ちなみに、お子さんが、まだ字が書けなかったときは、毎日その日にあった楽しいことを3つずつ言い合っていたそうですが、

 

字が書けるようになってからは、「感謝日記」になったそうです。

 

素晴らしい習慣ですね!

 

親子の絆が深まるだけじゃなく、まさに幸せになる習慣です!

 

実は私も、何年か感謝日記のようなものをつけて人生がかなり好転しました

 

これは、単に道徳的な意味や、スピリチュアルな意味だけでなく、実は脳科学的にも実証されています

 

私自身はもともと、科学的な解明がなくても、不思議なこと普通に受け入れるタイプなんですが、

 

そういうのが苦手な方のために少しだけ脳科学的な説明をすると。。。

 

意識を向けたことが、その人の人生を作っていきます。

 

たとえば、新居に関心を持った途端に、どこに行っても不動産の広告や看板が目に留まって「最近、不動産の広告が増えたね!」って感じたり(本当は、以前から量は変わらない場合でも)、

 

奥さんが妊娠した途端に、「最近、妊婦さんや小さい子が、よく電車に乗るようになったね!」と感じるビジネスマンの方など。。。

 

それは、よく言われる「引き寄せの法則」の一部でもあります。

 

世の中には、素敵なことが沢山あるけど、何か好ましくないことが起きた時は、素敵なことは全部見えなくなります。

 

でも、このお母さまとお子さんのように、普段から感謝日記をつけたり、特に夜寝る前の潜在意識に思いが定着しやすい脳波の状態で、楽しいことを思うことで、普段から自然に物事のプラス面が見えるようになります。

 

そして、プラス面が見えることで、人に親切にできたり、行動が積極的になったりして、良い人生を構築していけます。

 

特に、「感謝の思い」に意識を向けるのは、単に「嬉しいこと」「楽しいこと」という視点より強力なんです。

 

よく「こうなって欲しい夢を思い描く」という方法で引き寄せをしようとして失敗する話を聞きますが。。。

 

それだと、「今はそれが無い」という否定の思いや、「それが無いと幸せじゃない」という執着を潜在意識に持ってしまう可能性もあります。

 

でも、「感謝の想い」は、既に現実に起きていることです。

 

なので、「現実にこんな嬉しいことがある!」と潜在意識が認識するので、もっともっと感謝の対象になることが現実に引き寄せられてくるのです。

 

詳しく知りたい方は、以下の2冊の本が読みやすくてオススメです。

(ちなみに両方とも刈谷図書館にはあります。)

 

 

ザ・パワー ザ・パワー
1,580円
Amazon

 

****************

無料体験レッスン随時受付中!

1才~大人まで レベルや目的別にレッスンしています。

 

大人の「日常会話クラス」の時間が以下に変わりました。

月曜19:30~、または、火曜15:00~、

 

ホームページ: https://harmonyworld-english.jimdo.com/

無料体験レッスンは、上記のホームページまたはLINEから!

友だち追加