去年?おととし?

 

天の河伝説のミュージカルのことを知ったとき

 

行きたい!

って思った。

 

でも、

チケットがあっという間に売り切れてしまって

 

本当に本当に

あ!

っと言う間に売り切れてしまって

 

すごく残念だった私は

今回の再演の事を知って

 

絶対行く!

って決めた。

 

チケットの発売がいつか分からなくて

ずっとしーちゃんとハッピーちゃんを見張ってて、笑

 

5月?くらいにサイトができてるって聞いたから

ソッコー検索かけてS席をゲット。

 

もう嬉しくて嬉しくて

楽しみで楽しみでしかたなくて当日を迎えたんだ。

 

 

 

初日を観劇して

なんどもウルっとして

なんどもジーンとして

 

帰り道も

あぁよかったなぁ

と感動を味わいながら帰ったんだけど

 

ちょっと期待しすぎてた感もあってね。

 

前から2列目というめっちゃいい席(しかも真ん中より)

で見たからなのか

 

「1回観たからもうみなくてもいいか」

 

とか思ってた。

 

 

 

あれから1週間経つんだけど

 

あたまのどこかで

ずっと天の河伝説のことを考えてて

 

ふと思っては検索かけてる自分に

 

あれ?

って思った。

 

1回観て、

もういいかって思ったわりには

ずっと気にしてる私ってなんか変だと思った。

 

 

「余韻。」

 

 

これがすごいんだと思った。

 

 

ずっとずっとじんわり感動しつづけてるの。

ずっと体が細胞がなにかを感じ続けてる。

 

炭火みたいに、笑。

 

 

1週間経った今は、

「今度は前の方じゃなくて

劇場の真ん中とか後ろよりで観たいなぁ」

とか思ってる私がいる、笑。

 

 

 

しーちゃんのブログで

 

初日と千秋楽では

ステージ?次元?

なんか分からんけど、違う舞台になってた

ってうのを読んで

 

 

初日にご縁があった私は

 

まずは天地統合するエネルギーを

細胞レベルであびる必要があったんだろうと思った。

 

 

おとどしの池袋
去年の壱岐では
天地統合
肉体次元の私と
大いなるわたしの意識の統合が
テーマでした。
 
 
 
今回も初日と2日目はそれで
作りました。


私は初日にチケットをとっていて
初日にご縁があったっということは
天地統合
がまず必要だった。



 
私はこの物語を
瀬織津姫と
地上の瀬織津姫の物語
天地統合と
女性性復活と捉えていたのですが
 
 
 
同時に
これは 日の神 ニギハヤヒ
男性性の復活だったのです。


千秋楽は
天地統合
というよりは
陰陽統合(=女性性と男性性の統合)
のエネルギーとなっていたみたい。


天地統合と陰陽統合。

書きながらも
その意味もその違いも分かってないけど

両方見た人には
その違いが分かったみたいでね。


今度は、その陰陽統合のエネルギーを浴びたい!
って思ってしまった。




前回、チケットが全く取れなかったことで
私は
今回は絶対行く!と心のそこから決める事ができた。

前回、あっと言う間にチケットが売り切れてしまったことで
今回は、アンテナを張り巡らせていて
正式な発表前にサイトのことを知ったから
前から2番目というめっちゃいい席で観る事ができた。

おそらく
エネルギを間近で浴びる必要があったからなんじゃないかな?


そう思うとね。

「前回チケットが取れなかった」
という経験が
「今回絶対行く!」という決意につながったことを思うと

おととしチケットが取れなかったことって
無駄じゃなかった
むしろ
今回の行動を起こさせるために起きていたことなんじゃないかと

そんなことを思う。



いろんなことは
後からしか分からない。

後になって初めて気がつく。



ハッピーちゃんは
よくそんなことを言うけど

まさしく!

って今回思ったよ。


なんか気になる

気がついたらそのことを考えてる



それって
魂からのメッセージだと思うから

もし可能なら
行動を起こしてみたらいいと思う。


絶対なにかあるから(^^)



ということで。


再演がもしあったとしたら

また絶対見に行こうと思います♪

(もうないかも、だけど)


天の河伝説、

本当に伝説の舞台でした!