自分の存在を誰かが
輝かせてくれるって?
 
 
 
 
残念
 
 
 
 
そんなシンデレラストーリーは
起きないんだ
 
 
 
 
 
 
自分の存在に光を当てるのは
 
 
 
自分の闇をも包み 
光に変えることができるのは
 
 
 
 
 
自分自身しかいない
 
 
 
 
 
 
 
 
スポットライトを当ててもらうのを待ってるなんて
この時代にはナンセンス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポットライトは自分で当てろ。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
*****
 
 
 
 
 
 
 
 
幼いころ画面に映る芸能人に憧れた
 
 
 
安室ちゃんに
スピードに
松田聖子に
宝塚に
 
 
 
 
彼女たちを見てときめいて
自分もそうなりたいと願った
 
 
 
 
 
でもいつからか
年齢を重ねたら
 
 
 
 
そんな夢物語を夢見るのは
ばかばかしいと記憶の隅に追いやった
 
 
 
 
"やってみたい"
 
 
その気持ちは置き去りにされたまま
 
 
 
 
 
 
 
画面を通じて憧れを抱いたのはきっと
 
 
 
 
 
 
彼女たちになりたかった訳じゃない
 
 
 
 
 
 
自分の存在を思いっきり使って表現している姿に
魂が呼応したんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その記憶の蓋を開けて
一歩を踏み出した人たちが
軒並みステージに上がる
 
 
 
 
"やってみたかった"を実現する場所。
 
 
 
 
 
 
 
こないだのええじゃないか文化祭でこんな話をした。
「演者もオーディエンスも境目のない、全員演者全員オーディエンスの世界になる」