”共振する”〜つづき


共振する

 

というのが

ものすごく私の気づきとなったみたいで

 

あれから

ずっと共振について考えてて。

 

 

いつもの場所なのに

なぜか懐かしい感じがしたり

逆にすごく新鮮に感じることってあるじゃない?

 

あれ、

不思議だったんだけど

複数の3次元を無意識で移行してるのかもしれない、

って思ったんだよね。

 

で、

その夜は寝て

 

朝方4時くらいに急に共振についてまた気づきが降りて来て。

 

忘れないうちに起きてスマホにメモったことをここにも書いてみると。

 

 

 


**

 

共振について。

 

問題が生まれた3次元と

解決してる3次元は別。

 

問題にフォーカスしていると

問題の生まれた3次元と共振していて

解決にフォーカスしていると

解決している3次元と共振している。

 

5次元住人は

好きな3次元空間にいることができる人。

いたい3次元を意図的に選択できる人。

 

次元移行が隣の部屋に行くくらい簡単なのは

5次元から見ているから。

 

1次元の問題は

2次元住人には、簡単に解決できる。

 

2次元の問題は

3次元住人には、簡単に解決できる。

 

3次元の問題は

5次元住人には、簡単に解決できる。

 

 

1次元は線(前後)の世界。

1次元の問題=前にも後ろにも行けないとき、

2次元住人は隣の線(左右)へ行く。

 

2次元は面(前後左右)の世界。

2次元の問題=前後左右に行けない時、

3次元住人は隣の面(上下)に行く。

 

3次元は立体(前後左右上下)の世界。

3次元の問題=前後左右上下に行けないとき、

5次元住人はとなりの3次元(超立体)へ行く。

 

そこには努力とか頑張りとか資格とかなんもいらん!

 

5次元意識があればいい♪

=いたい3次元と共振するだけ!

 

なんだ、簡単じゃん!!

 

ビックリ!!

 

 

 

 

 

 

(長くなったので続く)