魂の望みを体が表現する

私踊るの好きで

今日も踊ってたんだけど

 

めっちゃ楽しくてね。

 

 

「あぁ、私踊るの好きだなぁ」ってしみじみしてた。

 

踊って汗かいたからお風呂はいって、

お風呂の中でも

 

楽しかった〜〜ってめっちゃ満足してたら

 

 

ふと

「魂の望みを体で表現する」

って想ってね。

 

 

わたしの

私とのひとつのなり方って

わたしと私がひとつになるって

 

魂の望みを肉体を使って表現する事なのかもしれない

 

と想った。

 

 

以前読んだMACOさんの本に

「脳内だけならわざわざ人間に生まれなくてもいい」

って書いてあって

 

確かに!って想ったんだよね。

 

 

 

で、今日

 

「魂の望みを体が表現する」って浮かんだとき。

 

 

こーいうことか!

 

ってなんか腑に落ちた。

 

 

魂が踊りたいと想う。

体を使って踊る。

 

魂が歌いたいと想う。

体を使って歌う。

 

魂が○○へ行きたいという。

体を使ってそこへ行く。

 

魂があの人に会いたいという。

体を使って逢いにいく。

 

 

魂の望みを体で表現する。

魂の望みを体が叶える。

 

 

 

そのためのこの世界か!

そのために人間に生まれたのか!

 

 

今まで

「○○が食べたい」

と想っても

「太る」とか「体に悪い」とか

そんなこと想って食べさせてあげなかったことあったなぁ。

 

 

 

「私とわたしが一つになる。」

 

文字通り

一心同体になったとき。

 

そこにはどんな科学反応が起きるんだろう?

 

 

 

 

ワクワクするけど、なんか怖い。

 

 

 

 

怖いけど。

 

ワクワクする!