天皇陛下の一番のお仕事をシってますか?

 

今日23日の夕刻(午後6時)暁刻(午後11時)に宮中で執り行われる、

 

新嘗祭にいなめさい

 

 

 

宮中行事で一番古いこの祈りは、

 

日本国にとって、

 

そして国民ひとりびとりにとって、一番大切な祭祀です。
 

 

陛下はこの祭祀をこなす気力や霊力、体力をつけるために、

 

新嘗祭が近づくと、宮内庁での打ち合わせなどを「正座」で行い、

 

体を慣らすそうです。

 

 

なぜなら、この祭祀の間ずっと陛下は正座をしないといけない。

 

夕の儀(6時~8時)の2時間、

 

暁の儀(11時~深夜1時)の2時間、

 

ずっと正座される陛下は、

 

「国家の最大の行事である新嘗祭の祭祀中に、足のしびれで邪念がはいらないように」と、

 

新嘗祭が近づくと、身体を正座に慣らしていくんです。

 

 

 

新嘗祭の「夕(よい)の儀」が始まるのは、

 

今日23日午後6時。

 

陛下は湯で身を清め、白の絹でできた伝統の「御祭服(ごさいふく)」に身を包む。

 

この白装束がとてつもなく重たく、身動きもなかなか取れず、

 

着替えるだけで数十分かかるそうです。

 

この衣装をお召しになった陛下は、

 

日本国最大の祈りの儀式が行われる神嘉殿へ向かう。

 

その姿を見た職員によると「国民と触れ合われる時のいつもの陛下とはまったく違う様子」とのこと。

 

 

暖房も無い過酷な寒さの中、ただひたすら国民のために2時間祈る。

 

儀式中は、誰も中へ入る事が許されず、

 

カミゴトを手助けする2人の巫女(采女ウネメ)のみ。

 

 

中で何が行われるかは、もちろん秘密。

 

2,600年間歴代天皇が行ってきた通りに、

 

全国47全ての都道府県から届けられたお米を、

 

天皇陛下と神々で直会(なおらい)する。

 

 

これは、日本国の全てに土着する菌を、陛下の腸内で「最小公倍数」に親和させていく※2

 

「天皇陛下(DNA的に)」にしか出来ない祭祀。

 

 

日本国にとって、

 

国民にとって、

 

一番大切な「新嘗祭」が、今日23日に執り行われるのですが、

 

お願いがあります。

 

 

 

今日の祈りは、平成天皇の最後の新嘗祭です。

 

どうか、天皇陛下の「祈り」を助けて下さい。

 

「夕(よい)の儀」午後6時~8時。

 

「暁の儀」午後11時~深夜1時。

 

特に、暁の儀は陛下は年齢を考慮して出ませんので、

 

国民が祈る番です。

 

あなたのチカラを貸してください。

 

 

いや、国民全員のチカラが必要です。

 

右翼も左翼も超えて。

 

どうか、多くの人に伝えて下さい。

 

 

 

そもそも今日23日が、「勤労感謝の日」なのは、

 

「いつも働いている自分へ感謝」する日じゃないんです。

 

新嘗祭の日だからなんです。

 

 

仕事が忙しくなると、勘違いしちゃうけど、

 

働けていることが、そもそも有り難い。

 

 

「勤労している自分」へ感謝する日じゃなく、

 

「勤労できていること」へ感謝する日です。

 

 

 

本当の新嘗祭は旧暦11月の2回目のウの日なので、

 

偶然にも今年は12月25日の西洋クリスマスと一致してますが、

 

GHQ後に改められた新暦にのっとって、今日11月23日に行われます。

 

 

「勤労感謝の日」が誤った解釈で拡がっている今日、

 

きっと「いつも働いている自分へ感謝するため」に、と

 

休む人も多いんだろうけど。

 

 

86歳の天皇陛下は宮中で今日、

 

命がけの新嘗祭(新暦ver)を執り行っています。

 

 

そう、新嘗祭とは、

 

日本国という国家が、一年間に「得たモノ」全てへ感謝する儀式なんです。

 

国民を代表して、豊穣(自然の恵み=神さま)へ感謝してくれているのです。

 

 

 

力学的に観ても、これは物凄いエネルギーを必要とします。

 

なぜなら、物理法則には「チカラの作用・反作用」があるからです※4

 

「得たモノ」が作用だとすると、

 

それと同量の熱量で「押し返すチカラ反作用(感謝)」が必要になるからです。

 

 

壁をあなたが手で押している時、

 

実は、壁もあなたを押しているんです。

 

「壁が、わたしを、押す??」

 

不思議かもしれませんが、力学上はそうなります。

 

 

「得たモノ」に対しては、

 

「有りがたい」という同量のエネルギーが必要になります。

 

この2つで「チカラの作用・反作用」が釣り合うからです。

 

 

 

では、日本国が「得たモノ」、

 

日本国全体で得たGDPは、どのくらいになっているでしょうか?

 

昭和からどのくらいのGDP(得たモノ)が増加しているでしょうか?

 

 

この全ての「得たモノ」に対して、

 

天皇陛下は今日、「返す祈り(感謝)」を捧げるのです。

 

 

 

どれほどの、エネルギーでしょうか??

 

国民が得た全ての豊穣に対して、「感謝」を返すエネルギーとは。

 

 

GDPだけじゃなく、花も、森も、人体も、石油さえも。

 

全部、太陽のエネルギーから与えられたモノ。

 

天から与えてもらったこのエネルギーに対して、

 

押し返せる反作用は、「ありがとう」という感謝だけなんです。

 

 

今日の新嘗祭が、平成天皇の最後の祈りです。

 

陛下の事ですから、「平成に日本国が得た全ての豊穣」へ、

 

感謝を捧げるはずです。

 

間違いありません。

 

その陛下の思いを、先ほど感じ、涙が出ました。

 

そしてたぶん、押し返すエネルギーが足りないと感じます。

 

 

どうか、得た全ての恵みに対し、

 

「感謝」で押し返すチカラを貸してください。

 

 

昔のように国民の一人一人が、「感謝(押し返すエネルギー)」の念を持ったなら、

 

天皇お一人で押し返さないでも済むもんです。

 

 

「得れたモノ」は、当たり前でしょうか?

 

「自然の恵み」は、当たり前でしょうか?

 

「日本国で平和に暮らせてる」のは、当たり前でしょうか?

 

 

 

今日は、「働いている自分」への感謝ではなく、

 

「働けているという事実」に、感謝を。

 

この国の恵みで、生かしてもらっている事へ、感謝を。

 

 

ただ、それだけで良いのです。

 

あなたが、「あなた」で在れてる事へ感謝を。

 

 

国民として、地球人として。

 

国のため、地球のため、誰かのために、

 

働けていることが、ただありがたいのです。

 

 

 

出来れば、夕の刻と暁の刻に合わせて。

 

 

 

陛下のお気持ちを察知したのが、こんな直前で、

 

時間があまりない中申し訳ありませんが、

 

 

今日のブログの内容に共感して頂いた方は、

 

どうか多くの人にお伝えください。

 

 

あなたも、どうか多くの日本国民に伝える「チカラ」になってください。

 

誰も知らないんです、こんなに素敵な日本の祈りを。

 

 

パワーブロガーさん、自治体の会長さん、左翼、右翼、

 

色んなしがらみはあるでしょうが、全ての垣根を乗り越えて、

 

今日の平成天皇最後の祈りを、

 

国民で、後ろから支えましょう。

 

 

ちなみに僕は、昨日から出雲に来てます。

 

天皇家と国造家は仲が悪いと思われがちですが、

 

実は垣根を超えて、国のために祈っています。

 

 

天皇が宮中で祈る「新嘗祭」に刻を合わせて

 

出雲では、「オジャレマウ」と神職が唱え古伝新嘗祭(こでんしんじょうさい)が斎行されます。

 

これも、天皇の感謝の祈りを後ろから押し支えるエネルギーとなる祭祀です。

 

 

「あなた」もどうか、今日の平成天皇最後の祈りを、

 

後ろ支えするチカラに加わってください。

 

いつも気づくのが遅く、時間が無い事をお詫びします。

 

 

86歳で国家を背負って今日、

 

最大の国事「祈り」の場へと向かう天皇陛下の後ろ姿を想像すると、

 

この記事を書くのが当日という直前になった自分の非力さにも涙が出ます。

 

陛下、鈍感で申し訳ありませんでした。

 

 

でもきっと、間に合った多くの日本国民が後ろから陛下の祈りを支えると思います。

 

陛下が日本国全ての豊穣への祈りを国民の代わりに捧げてくれるんですから、

 

国民が陛下の後ろで「感謝」の念で押し返すのは、当たり前です。

 

 

 

非力なブログですので、

 

どうかあなたの「チカラ」と、情報拡散の協力をお願いいたします。