1日過ごしていると

いろんなことが起きます。

 

いわゆる

良い事からイヤな事まで。

 

でね。

どんな素敵な人だったとしても悪い事起きてます。

 

 

だから何を意識に留めますか?

ってことなんですけど。

 

 

例えば

毎日道路にはいろんな車が走ってます。

 

色もさまざま

形もさまざま。

 

 

 

ちょっと実験して欲しいんですけど

 

気になる車があるときって

その車がやたら目に留まりませんか?

 

その車が気になるまでは

まったく目に留まらなかったのに

意識したとたん急にやたら観るようになります。

 

 

これを「車」から「出来事」に変えてみて欲しいんですけど。

 

良い事を意識していると

良い事が目につく、という、

ただそれだけなんですけど、笑。

 

 

毎日を

「つまらん」

「しんどい」

「いやだ」

などと想っていると(意識していると)

 

それを証明するような出来事が目に留まるようになり

 

毎日を

「楽しい」

「わくわく」

「幸せ」

などと想っていると(意識していると)

 

それを証明するような出来事が目に留まる。

 

 

脳は意識しているものが目に留まるようにできているので

「その人が意識しているもの」を見せてくれる。

 

それが現実に見える、だけ。

 

だとしたら

自分にとって都合のいいことを意識していたら

毎日楽しくなりますよね。

 

 

現実って

「実は自分の意識次第でどうにでも見え方、感じ方が変わる」

とってもふにゃふにゃしたものでできているかもしれないんですよ。

 

 

 

で、タイトルの提案。

 

「どうせ観るなら、

観たいものを意識して観たいものを目に留まるようにしませんか?」

 

 

言うは易し行うは難しか、笑