縄文祭は

火と水の統合の祭りだと

Happyちゃんは言った。

 

 

 

わたし、

このブログのハンドルネーム

 

「おおとり くらら」っていうの。

 

 

おおとりって

鳳って書くんだよ。

 

鳳凰の鳳。

 

 

 

前は「おおとり」じゃなかったんだけど

酉年(去年)にちなんで改名したの。

 

 

 

でね、

本名は「まゆみ」っていうんだけど。

 

どのくらい前かな

10年くらい前だと想うけど

 

作家の「ひすいこたろう」さんのイベントに行ったとき

出たばかりの新刊にサインをしてもらったの。

 

 

そのときに「名前は?」って聴かれて

 

 

「まゆみです」

って答えた。

 

 

そしたら、

「まゆみっていう名前は水の神様がついてるんだよ」

って言われて。

 

そのときは

「ふーーーん」

って想って終わってたんだけど。

 

 

瀬織津姫様とか

弁財天様とか

気になるようになってきて

 

その方々が水系の神様だって知って

自分の名前とリンクしたとき。

 

 

 

うわーーー!

だから瀬織津姫なんだ!

だから弁財天なんだ!

 

って腑に落ちた。

 

 

 

 

 

で、今回の縄文祭。

 

火と水の統合のお祭り。

 

 

 

ハンドルの「おおとり」

本名の「まゆみ」

 

 

 

これって

つまり「火」と「水」ってことだよね。

 

 

 

わたしは

縄文祭で自分と自分を統合させたんだ、って想って

めっちゃ衝撃だった。

 

 

私、縄文祭をイメージしたとき

 

火の鳥となった鳳凰が

日本中を飛び回って

その火の粉(=光の粉)を降らせてるイメージが湧いたんだよ。

 

 

あ、

今書いてて気づいた。

 

これが光を降ろすことだ!

 

 

 

私は

日本の上空を飛ぶ。

 

光の粉を降らせながら舞う。

 

 

 

これが

私の光の降ろし方。

 

 

 


そうだ
この際

 

 

「おおとり くらら」

から

「おおとり まゆみ」

改名しようかしらん。

 

 

ちょっと考えてみるー。

 

 

kurara