気が満ちるとお腹がすかない?

テーマ:

9月の初め。

 

友達に誘われて

急遽東京へ行き、

その翌日、江ノ島へ行ったんですが。

 

 

江ノ島で口にしたものって

江ノ島名物?のおまんじゅう2個と

飲み物だけだったんですよね。

 

 

前の日の夜

私にしては若干食べ過ぎていた感はあるのですが

朝から飲み物以外は欲しくなくて

(暑かったのでノドは乾く)

 

まー、

お出かけ中の私には

よくあることではあるんですが

 

なぜあんなにお腹がすかなかったのかは

不思議で。

 

 

 

多分

 

江ノ島のエネルギーで満ちていたから

お腹がすかなかった

 

のではないかと勝手に思ってます。

 

 

これからの子ども達は

今までとは違う価値観で生きるだろうから

 

これからの子ども達は

多分小食になると思ってるんですよね。

 

それを実感した江ノ島。

 

 

これから人は

食べ物でお腹を満たすより

気(エネルギー)で体を満たす時代になる、気がします。

 

 

仙人みたい、笑。

 

 

必要以上にものを食べなくなるから

内蔵疲労や

内蔵残業(深夜の飲食)も少なくなるだろうし

 

内蔵が疲れないってことは

細胞が若くいられるってことで

 

人はどんどん年を取るスピードが遅くなる。

(個人的見解です)

 

 

消化の悪いものをたくさん食べると

内蔵が疲れますからね。

 

働かせ過ぎると早く痛みますからね。

 

それがなくなるってことは

体のストレスも減るだろうし、

 

 

 

未来ってどうなるんだろう?

(ワクワク)

 

 

 

 

ちょっと話しがそれましたが

 

エネルギーが消耗すれば

その補充が必要になるわけで

 

自分にとっての

パワースポットを見つけておくと

食べ過ぎ予防になるかもしれないなと

 

そんなことを思いました。

 

 

なにを言いたかったかというと

 

江ノ島はめちゃくちゃ気が満ちていた場所です!

 

ってことです(^^)