期待は邪気〜希望は無邪気

ふとね

 

「期待」は邪気だなーって思った。

 

 

でもね。

 

「○○だったらいいな♪」

ていう純粋な想いって「期待」とは別にちゃんとあるわけで。

 

 

それって、なんていうのかなー

 

って考えてて

 

 

思い浮かんだのが「希望」

 

 

純粋に想う想い。

 

 

 

こっちは無邪気だなって思った。

 

 

 

「期待」って結果(未来)を意識しているイメージで

「希望」って今を意識しているイメージ。

 

(うーん、言葉にするとなんか違う気もするな。。)

 

 

「期待」って他人に意識が向いているイメージで

「希望」って自分に意識が向いているイメージ。

 

(あ、こっちのほうがいいかも?)


 

 

 

エネルギー的な表現をすると

「期待」は重い感じで

「希望」は軽い感じ。

 

 

 

 

「期待」は執着で

「希望」は喜び。

 

 

みたいな。

 

 

 

「(誰かの)期待に応えたい」と思う時の心境(執着)と

「(誰かを)喜ばせたい」と思うとき心境(喜び)って違うよね?

 

 

 

 

 

 

で。

 

なんでこんな意味不明なことを書き続けているかというと

 

「期待」は叶いにくいけど

「希望」は叶いやすい、

って思ってるから。

 

 

多分、軽さがその差を生むんだと思う。

(個人的意見です)

 

 

 

 

 

 

「期待」は邪気

「希望」は無邪気。

 

 

だから、

期待(執着)を捨てて、希望(喜び)を持とう〜〜♪

(言いたかったのはこれ、笑)