Happy理論⑰「自己受容」と「現実創造」

テーマ:

Happyちゃんの理論って

 

大きくわけて

 

「自己受容」

 

と 

 

「現実創造」

 

 

の二つだと思ってて。

 

 

現実創造はみんなやってる。

(現に今も現実を創造し続けている)

 

 

で、

ここでいう現実創造って

自分が望む現実創造ってことで

 

 

だれも

ツライ現実なんて創造したくないよね、ほんとは。

 

だけど

ツライ現実

しんどい現実

を創造しているのであれば

 

 

自己受容できてないからじゃない?

 

って話なのかなーと思ってます。

 

 

自己受容=自分を全肯定

 

どんな自分であってもいい

どんな自分にもOkをだす

 

 

書くと簡単だけど

 

いざやるとなると難しい。

 

 

 

お願い、助けてっていってもいい。

(言えん。。。)

 

さみしいって言ってもいい。

(言いたくない。。)

 

ほかにも

ウソついてもいい、

怒鳴ってもいい、

人をばかにしてもいい。。

 

 

ついウソつきますよね。

(ホントはツライのに大丈夫と言う、とか)

 

つい怒鳴りますよね

どならなくてもイラっとしますよね。

(早くしてよ!とか)

 

つい人をバカにしますよね

(あの人、わかってないのよ、とか)

 

 

そういう自分を

どこかで責めたり

フタをしたり

なかったことにしてませんか?

 

 

自分は嘘をつく人間である。

自分はいらつく人間である。

自分は人を見下す人間である。

 

それを認める。

あきらめる。

 

あーーー

わたしってろくでもないわ。

わたしって人でなしだわ。

わたしってたいした事ない人だわ。

 

それが私なんだ。

 

あーあ。

さんざんだれかの悪口言ってきたけど、同じレベルの人間だったわ。

 

 

 

 

ほかにも

 

頑張ってるのにできない。

一生懸命やってるのにうまくいかない。

 

 

わたしって、どうしてこんなにダメなんだろう?

 

 

ホントにダメ?

それができないだけで自分のこと全否定しなくてよくない?

 

ものすごく、私頑張ってるじゃん。

それってすごいことじゃない?

 

それに

それができなくてもアレができるよね?

 

 

わたしはよくやってる。

頑張ってる。

私ってすごいよ。

 

 

そうやって自分を自分で認め、抱きしめる。

 

自分を受容する。

 

 

 

 

なぜこれが大事かと言うと

 

自己否定していると

 

「幸せになりたいけど

こんな私が幸せになってはいけない」

「幸せになる資格がない」

 

ってどこかで

幸せになることに拒否しちゃうんですよ。

 

 

これだと

いつまでたっても

自分がのぞむ現実なんて創造できません。。

 

 

だから「自己受容」

 

1にも2にも自己受容!

 

 

不思議な事に

 

自己受容が進むと

(自分が望む)現実創造をしたくなってきます。

 

 

だから順番を間違えない。

焦らない。

 

大丈夫だから。

(自分にも言っておこう)

 

 

 

 

 

kurara