今から3年前。

 

会社を辞めたことを機に生き方を変えた。

 

 

それまでの

「損得感情」

「努力と頑張り」

「他人の期待に応える」

 

から

「いい気分で過ごす」

「今ここに生きる」

「自分を生きる」へ。

 

 

そのための手段というか

やり方として

 

「わたし(魂)(心)」の声に従って動く。

ということを

できる範囲でやるようになった。

 

ふと、アイスが食べたい

と思えば

コンビニへ買いに行き

 

ふと、海が観たい

と想えば

車を走らせ

 

ふと、会いたいと想えば

逢いに出かけ

 

ふと、欲しいと想えば

買う。

 

 

お金や時間のこともあるから

全部は無理だし、勇気もいるから

 

ビビリな私には

その全てがチャレンジだった。

 

 

 

そうやって

迷いながら

ビビりながら

怖くて泣きそうになりながら

 

魂の声、心の声に従って行動すると

すごく心が喜ぶし、満足することが体感で分かってしまったので

 

やらないわけには行かなくなったよね。

 

 

 

 

で、

 

「私」としては

いままでないがしろにしてきた「わたし」を喜ばせる為に

そう言う行動を取って来たんだけど。

 

今日

「逆だ!」

と気づいた。

 

私はわたしを喜ばせる為にやってきた、と想っていたけど

 

本当は

 

「わたし」が「私」を喜ばせたくて

そうさせるんだ。

 

 

(つづく)