幸せは地獄の始まり②

テーマ:

さて。

 

 

望んでいた幸せが手に入った次の瞬間から

じわじわと地獄が始まる。

 

と書いた前回の続きです。

 

前回は

地獄にはまらないように「好き」のパワーを利用しようと

書きました。

 

 

で、

私がやっている地獄にさせないもうひとつの方法は?

 

それは

 

「感情が反転する前で思考を辞める」

 

です。

 

 

 

 

例えばお金。

 

 

お金があったら?って考えたとき

 

 

「アレしたい」

「コレしたい」

「アレ食べたい」

「これ食べたい」

「アソコに行きたい」

「ココに行きたい」

 

など出て来て

気分が上がったあと。

 

 

「でも、そこまでのお金ないしなー」

 

って、気分が下がったことないですか?

(これを地獄化と呼んでみた)

 

で、思考が地獄化したなと気づいたら

気分が反転する前まで戻ります。

(気分が上がっている状態へ戻る)

 

で、そこで辞める。

 

 

 

例えば

結婚したいと想っている場合も

 

「結婚したらこんな家に住みたい」

「こんな夫婦になりたい」

「こんな生活をしたい」

などが出ているときは幸せ気分でいますが

 

「でも、彼にその気ないし」

「でも、相手いないし」

「でも、あーたらこーたら」

 

などの地獄思考が出て来たら

気分がダダ下がります。

 

 

この場合も

「あ、気分が下がった、思考が地獄化したな」

と気づいたら

下がる前まで戻って思考をストップ(または気分があがった幸せ思考で居続ける)ことをしてみます。

 

そうすれば

いい気分でいられますし、幸せ気分を感じられますよね?

 

 

 

「類は友を呼ぶ」

 

つまり

「幸せは幸せを呼び、歓びは喜びを呼び、地獄は地獄を呼ぶ」

ということですから

 

できるだけ、今

「幸せな状態」「喜びの状態」「いい気分な状態」

でいることが

未来も幸せで、いい気分でいられることになるのかなと想っています。

 

 

未来のことはさておき、

 

今この瞬間だけのことを考えても

地獄気分より幸せ気分のほうがいいじゃないですか。

 

(今、幸せでいることで未来も幸せを感じる可能性が高くなるならさらにいいですよね。)

 

 

 

で、わたしは

こちらの方法をよく使ってます。

 

 

 

 

私は、「ときめく家に住みたい」と想ってるんですけど

まー、そんなお金はないですよ。

 

でも、「憧れの暮らし」を妄想しているとき

とっても幸せですごく気分がいいので

 

「でもお金ないし」

などの

気分が落ちる思考をせず、その状態で居続けます。

 

 

もし、私の頭の中を誰かがのぞいたら

 

「あほか」

と言われるでしょうが。

 

 

 

 

でも、

それで気分よくいられるならいいや

 

って想ってますw

 

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとうございます♪