自分と思っている自分

テーマ:

冷凍食品のパスタ好きなくららです。



ふと


私は「これがわたし」って思っている「わたし」

がいるけど


それは本当に「わたし」なのだろうか?


と思いました。



場所を変えても

時代を変えても変わらない部分があるとしたら

そこは「わたし」なんだろうと思いますが


もし、違う親元に生まれたら

経済環境が違っていたら

もっと不便な時代にうまれていたら

もっと便利な時代に生まれていたら

毎日、誰かが死ぬような環境にいたら

それでも、わたしは同じわたしであるだろうか?と。


もし

ちがうわたしになっていたかもしれない部分があるとしたら

それは後付けされた部分なので

変更可能な部分だろうという気がします。


変わりたいと思っているけど

変われないという人は私を含め、多いと思います。


「変わらなければ」

という義務感や脅迫観念では変わりにくいかも。


それより

「変わってもいい」

と自分に許可をあげてはいかがでしょう?



ま。

べつに変わらなくてもいいんですけどね。えっ



そうやって自分を解放していると

気がついたら変わっちゃってた~なーんてことも案外ありそう。



あまり自分を追い詰めずに

ゆるゆるしているといいかなーとも思っています。