”無限の愛に浸されてみませんか?”

テーマ:


 

昨日の夜に深い瞑想をして、そのまま寝たら、幸せの星「地球」ってタイトルをつけたくなるような素敵な夢を見ました。

 

風景も、人々も、とにかく愛にあふれている。

そこらへんに生えている草や木でさえも、愛に満たされて幸せいっぱいなんです。

 

もちろん人々も幸せで、愛がいっぱいで、誰もにやさしいし、それぞれの個性をそのまま生かして楽しく生きている。

 

町中に幅が広くて低い滝が流れている川があって、その川の近くを通りと、マイナスイオンが飛んできて、ちょっとした聖なるしぶきを浴びられるの。

そこでみんなが思い思いに遊んでいる。

 

学校に行くと、そこは超アーティスティックな空間で、すべてが見たこともない独特のデザインでできていて、トイレはたくさんの彫刻やオブジェが並んでいて、美術館みたい。

 

そして校庭には中央アジアから見学に来ている人たちがいて、彼らが太鼓の音に合わせて、輪になって踊っている。それがとっても歓喜にあふれているんです。

 

私も過去生で中央アジアにいたことがあるんだよね。あの人達みたいにコミュニティの人たちとよく一緒に踊ったり遊んだりしていたなあって思い出したところで夢が終了しました。

 

さすがは夢!

脈絡がない(笑)

 

でもあまりに愛にあふれた世界で、しば市夢の中にいたい気持ちになるほどでした。

 

でもね、こっちの現実世界も、もちろん捨てたもんじゃない。

美しい自然、

素晴らしい人たち、

感動体験、

……いっぱいいっぱいある。

 

本当は今この瞬間も、

宇宙の愛で窒息しそうなほど、愛されている。

 

そのことをしょっちゅう忘れるのよ。

私たち人間てやつは。

 

それで勝手にまだ起こってもいないことを不安に思ったりガーン

どうせ愛されませんよってすねたり、ひねたりするむっ

ちゃんと愛されているのに!

 

 

笑っちゃうよね。

ある意味すごい芸風だよね

 

だから今日はね、みなさんに思いっきり宇宙の無限の愛を体験してもらおうと思いました。

 

それで、

こんなに愛されてたんじゃあ大丈夫だなって安心してもらいたいなあと思いました。

 

自分でもさっき宇宙の無限に愛を意識的に浴びてみたんだけど、もう幸せ過ぎて幸せ過ぎて、愛で溢れかえっちゃって、自分からこの地上のすべての人に愛を流さずにはいられない気持ちになりました。

 

私たちの苦悩は本質的に、

「私は愛されないしょぼん

という不安に端を発している。

 

お金が欲しいのも、

成功したいのも、

きれいになりたいのも、

そうすればもっと愛されると思うからなんですよ。

 

だったらさ、最初から愛されていたってことを思い出せばいい。

 

そうか!

こんなに愛されていたんだって思い出せば、

愛に満たされている世界が現実化していくわけだからさ。

AD


 

もっとみんな、わたしを褒めてくれたらいいのに
 
もっとみんな、私と一緒に怒ってくれてらいいのに
 
もっとみんな、私と一緒に悲しんでくれたらいいのに
 
もっとみんな、私のほんとの気持ちをわかってくれたらいのに
 
もっとみんな、私と同じことで楽しんでくれたらいいのに
 
もっとみんな、私と同じぐらいできなかったらいいのに
 
もっとみんな、私と味の好みや好きな風景や行きたいところや、したいことが一緒ならいいのに
 
もっとみんな、わたしの動く時間に合わせてくれたらいいのに
 
もっとみんな、私の言うように動いてくれたらいいのに
 
もっとみんな、わたしをお姫様、殿様扱いしてくれたらいいのに
 
もっとみんな、私と同じように苦労や辛い思いをしたらいいのに
 
もっとみんな、私の話で楽しんでくれたらいいのに、もっと私に注目してくれたらいいのに
  
 もっとみんな、私のことほっといてくれたらいいのに
 
もっとみんな、わたしがかまって欲しい時にかまってくれて、ほっといて欲しい時にはほっといてくれたらいいのに
 
もっとみんな、
もっとみんな、
もっとみんな、
 
私だけを愛してくれたらいいのに!!
 
 
どうして私の思い通りにならないのよ!!!!
 
 
 
悩みのもと。
 
 
 
 
 
  
 
みんなもっと
自分にそうしてあげたらいいのに。
AD