くららです。

 

 

 

石原さとみちゃんがかわいすぎて

 

毎週ドラマみてます。

 

 

昨日、

 

女優になる夢を叶えた女性のお話だったのですが

 

 

ドラマのなかに出て来た自叙伝によると

 

 

 

父がいない環境だったため、

母は文字通り朝から晩まで働き通し。

 

そのため

家で一人でごはんを食べていたし

家での友達はテレビで

 

テレビでみたドラマのシーンを公園で一人再現して遊ぶうちに

 

女優になりたいという夢を持ち、それを叶えた

 

 

という内容でした。

 

 

 

これ、普通に考えたら

 

テレビが友達という環境だったから女優になりたいという夢を持った」

 

ってなると思うけど

 

 

 

 

昨日の放送を見た私の感想は真逆で

 

 

「女優になりたいという夢を持つ為に(ひいては女優になるために)

テレビが友達という環境を創った」

 

 

でした。

 

 

 

つまり

 

 

まず先に結果(夢)があってね

 

その夢を持つ為には(その夢を叶えるためには)

どんな環境だったらそう願うようになるか

 

って考えた結果が「朝から晩まで働く一人親の娘として生まれる」

という環境だった、ってことですよ。

 

 

で、誰が女優になりたかったか?ってことですが。

 

 

 

その人の魂

 

 

だと思ってます。

 

 

魂が

「女優になりたい」と思ってこの世に生まれる時

 

「どんな環境だったら、この肉体は、女優になる為の行動をしてくれるだろうか?」

って考えると思うんですよね。

 

 

で、

 

そんな環境にある肉体を選んで生まれる

またはそんな環境を創り出せるよう準備を整えてから生まれてくる

みたいな?

 

そんなイメージです。

 

 

 

 

この想いがドラマを観た時一瞬で湧いて

 

 

 

ぞわ

 

 

ってしました。

 

 

 

 

 

あーーーー、そういう事か

 

 

ってスコーーーンと私に落ちてきました。

 

 

 

 

何を言いたいかというと

 

 

 

 

わたしが

 

「○○したい」「○○でありたい」

と願う時、

夢を持つ時、

 

 

 

それは魂の願いだし

 

その夢を持たせる為に

その願いを持たせる為に

 

 

あの手この手で仕掛けてくるってこと、ですよ。

 

 

 

だからね

 

 

 

いま、願ってることは

 

 

魂の願いです。

 

 

 

それを叶える為に生まれて来てますから!

 

 

 

 

 

だから

その夢あきらめきれないのよ。

 

 

なんど、どこかへ追いやっても浮上するのよ。

 

 

押し込めても押し込めても

 

 

「そうしたい」って思っちゃうのよ。

 

 

 

 

 

 

うまくいくとか、それで食べて行くとかじゃないの

(そういうときもあるけど)

 

 

それをやってみたくて生まれて来てるから

 

 

体験させてあげることが大事なの。

 

 

 

 

 

モデルをやってみたいなら

 

どっかその辺のなにかでいいのよ。

 

別に大手のなにかじゃなくても、雑誌のなにかじゃなくてもいいの。

 

モデル体験をさせてあげる事が大事。

モデル体験さえできればそれで魂は喜ぶんだから。

 

 

 

 

 

ってえらそーに書いてますが

 

 

その小さな一歩を踏み出すにも大きな勇気がいる事は

重々承知しております。

 

 

 

でも、後悔の少ない人生を歩む為には

その勇気は必要だと思うから。

 

 

 

 

 

まずは

「自分を責めない」から。

 

 

そして、小さな我慢や遠慮をやめることから始めていきましょう。

 

 

 

 

一緒にがんばろー。

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

どうせ愛されてるし

テーマ:

くららです。

 

 

本日も

「このブログに遊びに来てくれた人には

想像を超えるすばらしい現実が現れる!」

と設定させていただきます♪

 

 

 

さて

 

仁さんのことを知ったのは、おそらく3年くらい前だと思うのですが

(某テレビ局の「ナイナイアンサー」で知った)

 

それからブログを読み出して

 

 

一番心に残ったのは

 

「どうせ愛されてるし」

 

というフレーズでした。

 

 

今日、久々に少し古めのブログを読んで

 

「どうせ愛されてるし」

 

という

そのフレーズを観た時、

なんか嬉しいようなほっとするような安心するような感覚になって

 

 

どこかで

「私は愛されている」ことに不安と言うか、疑惑というか

信じてないというか

 

そんな気持ちを持っているんだなーと思いました。

 

 

そう、

 

「愛されていない」んじゃなくて

「愛されている事を信じられない」

 

 

 

 

いや、気がついているんだけど

100%は信じられないというか信じたくないというか。。

 

 

 

でも、100%進じたい気持ちもあるから

 

 

「どうせ愛されてるし」

 

に、反応しちゃうんだろうーな。

 

 

 

 

 

真実としては

 

 

私が信じようが信じまいが

 

 

わたしは100%愛されています。

 

 

 

 

あなたもね。

 

 

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

AD

こういうことね〜♪

テーマ:

くららです。

 

 

 

今日ね。

 

朝の出勤中、空は曇ってたんだけど

 

私の大好きなエンジェルシャワー

(雲の間から光がカーテンのように漏れる現象)が観れて

 

 

 

あーーーー、きれいーーーーーー!

 

 

って思ったんだよね。

 

 

そのあと

 

 

もっとみたーーーい!

ゆっくり観たーーい!

ちゃんとみたーーーい!

 

 

って思って。

 

 

でも、会社行く途中だから

 

遅刻しちゃう

 

とも思う訳。

 

 

 

 

でも、今朝は、ちょっとだけ早く家を出たから

 

ちょっとだけなら寄り道してもいいか

 

ちょっとだけ、よく見える場所に車止めてみようか

 

って思ったら

 

 

 

ほわ

 

 

って体の中心が喜んだの。

 

 

 

 

 

 

あ〜、私のなかの「わたし」が喜んでる

 

 

って感じて

 

 

 

自分を喜ばすってこういうことか

 

 

自分を大切にするってこういうことか

 

 

って思った。

 

 

 

でね。

 

 

結局、エンジェルシャワー現象は、消えてしまって

車を止める事無く会社まで行ってしまって

 

会社の駐車場からでも見れんかなーと思ったけど

無理だった。

 

 

でも

 

途中で

 

「わたしが観たいと思った」という想いを優先したことで

 

「わたし」がすごく満足したみたいで。

 

 

「わたし」を優先してくれた

「わたし」の気持ちを大切にしてくれた

 

ってことが伝わったのかなって思った。

 

 

 

あの

 

 

ほわ

 

 

ってした喜び

 

 

体の中心からわき上がる歓びみたいな感覚

 

 

すごくすごく私が喜んでた証拠だと思う。

 

 

 

 

 

Happyさんがやってきたことは

きっとこういうことの繰り返し。

 

 

自分が今思った「したい

 

これに忠実に動いて

 

「わたし」を満足させてあげること。

 

 

 

 

私は、大きな勇気はまだまだ出ないけど

 

ちょっと頑張れば叶えてあげられそうな「わたし」の願いは

できるだけ叶えてあげよう

 

 

きょうの「わたし」の喜びを体感して

 

もっと喜ばせてあげたいな

 

って思った。

 

 

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

心の声と思考の声

テーマ:

くららです。

 

本日も

「このブログに遊びに来てくれた人には

想像を超えるすばらしい現実が現れる!」

と設定させていただきます♪

 

 

 

 

数日前、ベッドでうとうとして

そのまま寝てしまって

 

 

朝方、なんか腹周りが苦しいと意識が覚め始め

 

夢うつつながら

 

「ガードルはいたまま寝てしまったからだ」

と気がつきました。

 

「苦しいな、脱ごうかな?」という体からの声に反して

 

 

「おきなきゃいけないじゃん、めんどくさ。我慢しようかな」という思考の声。

 

 

眠いのでそのまま寝ていたいとおも思いましたが

 

あきらめて脱ぐ事にしました。

 

 

ぼーっとしながらガードル脱いで

また寝て。

 

1度起きちゃった事もあってうとうと以上の眠りは無理だったのですが

体が喜んでる感じ?ほっとしてる感じは伝わって来て

 

 

「めんどくさかったけど、脱いでよかった」

と思ってました。

 

 

「このくらい」

とか

 

「めんどくさい」

とかで

 

と小さな我慢をしがちですが

 

めんどくさがらずに

ふと湧いた想いを大事に行動すると、心地いい結果になるんだなと

改めて思いました。

 

 

めんどくさがりな私だけど

 

「ふと思ったこと」「心の声」を大事にしよう。

 

 

その方が気分いい現実を手に入れられそうですよ。(^^)

 

 

 

 

本日もありがとうございました。