潜在能力を発揮させるには

テーマ:
くららです。


本日も

「このブログに遊びに来てくれた人は幸せになる!」
と設定させていただきます。



さて。
久しぶりに

小林正観さんを読んでいます。


宇宙方程式の研究―小林正観の不思議な世界 (「未知世界の旅びとシリーズ」)/小林 正観
¥1,543
Amazon.co.jp


まだ途中なのですが

忘れないうちに
響いた事を書いておきます。


潜在能力を発揮するには

「頑張らない」
「努力しない」
「必死にならない」

こと。



そんなことをしていると
その人の潜在能力は開発も発揮もされない、ようです。



現在の日本において
美徳とされることばっかりじゃないですか!


頑張れ
努力せよ
必死になれ

と言われ続けてきたのに


それ逆ってことですか?



えーーーーー!!!!



あまりにもショックなので

今日はこれ以上読めなくて
寝る事にします。




てかさ。

仁さんも良く言ってるよね。


まぁ
小林正観さんのほうが古いですけどね。
(本は2001年初版)




一番やっちゃいけないこと
ずっとやってきたワタシって。



あーーーだる。。


あほらしくて脱力するわ。。


力抜け過ぎたので

もう寝ます。






読んでくれてありがとう








AD

ホントは、我慢なんてしなくていいんだ

テーマ:
くららです



本日も

「このブログに遊びに来てくれた人は幸せになる!」

と設定させていただきます。




あ~~、お香が良いにおいだ。




さて。


今日お風呂に入りながら

「ホントは我慢なんてしなくていいんだよね」

と言う事を思ってました。



している「その我慢」。

「なんで我慢しているんですか?」って話ですよ。



理由はいろいろ出てくるだろうと想います。



その「表向き」の理由をさらに深堀りすると

でてくるのが

「怖れ」だろうと。



なにが怖いかと言えば

それこそ人それぞれでしょう。


貧乏が怖い
嫌われるのが怖い
人と違う事をするのが怖い
笑われたくない
仲間はずれにされたくない
ひとりぼっちになりたくない
自分の価値を失いたくない



だって
もしそうなってしまったら


生きて行けなくなる、かもしれない




でもその我慢

本当はしなくていいんじゃない?


って

時々想います。



その我慢をしなかったら

本当に
貧乏になるんだろうか?
嫌われてしまうんだろうか?


自分自身にウソをついて
自分自身をなだめて

本当の気持ちを無視して生きて


はたして楽しい?




本当の気持ち



怖れの狭間で


揺れ動いて
揺れ動いて
揺れ動いて





私の場合


こわくて できなかったことをしたのは

「そうしないと廃人になるかもしれない」




このままだと

「もっと怖れていることになるかもしれない」

と思ったから



つまり

やむを得ない状況に追い込まれて


ようやく

やりたくても
怖くてできなかったことをやったわけです。




やってみたら


「なんでいままでやらなかったんだろう?」
って思う訳ですよ。



「もっと早くそうすればよかった」
とも思う訳ですよ。


そこまでの体験をしておきながら


我慢している「なにか」をやめようと思うと
やっぱり「怖れ」が出てくる訳です。



「こわいから我慢している」んですが

でもどこかで

「ホントは、我慢しなくてもいいんだよな~」

「我慢しないといけないことなんて
本当はないんだろうな~」

と思っています。


でも
失いたくない「なにか」があると

どうしても「守り」にはいるし
どうしても「怖れ」が出てきますね、やっぱり。




そんなことを想いながらこの文章を書いていたら

みつろうさんの

「幸せとはやりたいことをやれている状態」
「不幸とはやりたいことをやれていない状態」


という言葉を思い出しました。


言い換えると
「不幸とはやりたいことを我慢している状態」
ですよね。


今日した我慢。

明日こそは
今度こそは

勇気を出してみようか。



小さな我慢をやめることから
小さな本音を聴く事から

はじめたらいいかもしれないですね。







読んでくれてありがとう。













AD
くららです。



今日、仕事から帰ったら
PCの上に








さくらペプシと
アリスチョコパイ(期間限定?)

あーーんど

メッセー付き♪




ありがとう!!!!!!




さくらも
アリスも

そして

さりげないメッセージも


全部大好きだから


めっちゃ嬉しい!!!!




歓喜するわ!




感謝しかないわ!





嬉しすぎるーーーーー!











読んでくれてありがとう~♪




本日も
「このブログに遊びに来てくれた人は幸せになる!」
と設定させていただいております♪









AD

「わくわく」の別の表現

テーマ:
くららです。



本日も
「このブログに遊びに来てくれた人は幸せになる!」
と設定させていただきます。




「わくわく」

という表現。


たしかに良い表現だと思う。





「いい気分でいる」

という表現。


これも良い表現だと思う。





でも、
内側に入って感じる幸せは
ちょっと違う気がする。



確かに「わくわく」しているし
「いい気分」なんだけど




なんかこう、

もっと「これ!」っていう表現ないかと思っていますが

いいのが思いつかなくて。



なんていうか。


「喜び」

なのですよ。


「喜び」
「歓び」
「悦び」


真ん中が一番近いか。



「歓喜」


あ、これいいな。



要するに

心が喜んでいる状態

なのですよね。




心が喜んでいるときって

わくわくしているし
気分良いし

って感じ、でしょうか。




と言う訳で
(どういうわけで?)


疲れたときは

内側にこもります。




自分に癒してもらいます(笑



おすすめです(爆








よんでくれてありがとう~。



読者登録してね




















内側に引きこもる(笑

テーマ:
くららです。



今日も
「このブログに遊びに来てくれた人は幸せになる!」
と設定させていただきます。




さて。


私、お休みの日や、朝のうとうと時、夜、お布団に入る時

内側に引きこもる事が多いです(笑



だって~。

内側に引きこもると気分良いんですもん。


今日も、ブランチしたあと
ファンヒーターの前で寝転がって
内側に引きこもってました。


で、ぼーっとしながら

「なんで内側にいるとこんなに幸せなんだろう?」
って思った時。


ああ
「わたし」が喜んでいるからだ、

って想いました。


私がそばにいてくれることを「わたし」が喜んでいる。


そっか。

ずっと無視してたもんね。
ずっとほったらかしだったもんね。

きっと
ずっと「そばにいてほしい」
って思ってたんだよね。


これからはそばにいるからね。





真っ青な空をぼーっと眺めながら
心地よさを、気分のよさを味わっていました。







幸せって
頑張って手に入れるものじゃなくって

こうやってひなたぼっこしてるだけで
ちゃんと味わえるのに


「この程度じゃ嫌よ
もっと大きなものじゃないと」

って思ってたときは

「この程度」の幸せすら味わえてなかったな~って

そんなことを思い出したり。






内側に引きこもる事に

抵抗を感じる人もいると思うけど


自分の内側を知らないと
外の世界は変わらない。


って本当だと思うのでね。







一応、お知らせだけしておきます。




読んでくれてありがとう♪