すききらい

テーマ:
地域活性化のため、
アナと雪の女王のCDは
地元のショップで予約したくららです。


今日はよけいなお世話な提案です。


**

「すききらいしちゃいけません」

子どもの時、言われたことありますよね。

確かに全く持ってその通り。
正論だと思います。

好き嫌いがない方がいいでしょう。



が。

しかし。

好き嫌いってあって当たり前じゃない?

好き嫌いがないって
それってもしかして好き嫌いが分からなくなってるだけなんじゃない?

私は、
「自分がなにか好きか嫌いかがわからないより
好き嫌いがわかるほうがマシなんじゃないか」と思うことがあります。


食べ物の話だけじゃなく
いろんなことにおいて。

わたしだけじゃないと思うんですが
小さい頃から嫌いなことを随分強制(矯正)させられて来たと思うんですね。

嫌いなものを食べさせられたり
嫌いなことをやらされたり。


そうこうしているうちに
「自分は本当は何が好きで何が嫌いか」が分からなくなってしまっていませんか。

特に「いい子」をやって来た人に多いと思われますが。。(^_^;)

本当は嫌い(いや)なのに
親が、先生が、先輩が、上司が喜ぶ(または期待する)から
本音や本心を押し殺してしまう。

多かれ少なかれ
思い当たる人けっこういるんじゃないでしょうか。


多分親は、先生は、先輩は、上司は
あなたのためと思ってやっているんですよね。

「喜ばせたい」
「期待に応えたい」

そうやって、本当は嫌なのにやって来た結果。

私は、あなたは本当に幸せでしょうか。


あなたの大切な人の幸せを考えるのと同じ位
自分の幸せも大切にしませんか?


まずは、自分の本心を取り戻しませんか?

自分は本当は
何が好きでなにが嫌いかを。




**

好き嫌いがない方がなんでも食べられて
なんでもやれてしまうので
やっぱり好き嫌いはないほうがいいかもしれません。

それでも、あえておせっかいな提案をしてみましたw








AD

さくら

テーマ:
サクラがきれいに咲いていて
見とれた瞬間
時間が一瞬とまる

時間軸を超えて咲いているさくらは
とてもきれい


その時に思ったのは

さくらはただせいいっぱい咲いている
咲く喜びを表現していて
さわやかでやさしく輝いている


吹く風と戯れ
太陽の光と会話し
文字通り自然体でそこにたたずむ姿は
神の化身のようにも


やわらかいたたずまい

隣の桜の木と競うわけでもなく
ただ自分を表現しているだけに見えるけど
それが潔く美しく私には見える

そして
咲いている状態に執着することもなく
時がきたらきれいに散っていく

散りゆくさくらをみるとき
その花びらで覆い尽くされた道は
花びらのじゅうたんのようで
これがまた美しい

それも
雨や風にながされて
数日のうちにはなくなっていく


あわいピンクの次には
鮮やかな緑の葉でいっぱいになり
やんちゃな子供のようなその命は
躍動し生き生きしてまぶしい

サクラの木は
常に変わり続け
そのどれもが美しいと思うとき

日本の
わびさびということばを想う


満開のみならず
つぼみもよし
散るもよし
新緑もよく
散る葉も情緒があってよい


変化することに執着しないばかりか
そこにいのちやその時どきの美しさをみる日本の魂には
あらためて感動する


自然はいのちであふれている
そのひとつひとつが唯一無二だと知るとき
体が喜びであふれる


わたしは
私をせいいっぱい生きればいいのだ

誰でもない私自身を
唯一無二のわたしを
AD

発売決定♪ アナと雪の女王日本語版

テーマ:
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)/WALT DISNEY RECORDS
¥3,780
Amazon.co.jp

いよいよ(やっと?)

日本語バージョンがいろいろ入っているCDが発売されることになりました♪



やった~~~~~!



松 たか子さんが歌う主題歌は

まじ、めっちゃいいですよ!




マイテーマソングにしようかな(^^)

AD

発売決定♪ アナと雪の女王日本語版

テーマ:
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)/WALT DISNEY RECORDS
¥3,780
Amazon.co.jp

いよいよ(やっと?)

日本語バージョンが発売されることになりました♪



やった~~~~~!



松 たか子さんが歌う主題歌は

まじ、めっちゃいいですよ!




マイテーマソングにしようかな(^^)

新入社員 ドラフト

テーマ:

録画機能付きのテレビがほしくて買おうとずーと思っていたのに

3年前に買ったテレビが実は録画機能付きだったと

先日初めて気づいた思い込みくららです。

(買わなくてよかったー)




えー

新入社員が入ってきました。

まだ研修中で配属は来月なのですが

その前にプレゼンというかドラフトというか

顔合わせ場があるんですね。



で、スタッフに

「来てほしいなーと思っている子いる?」って聞きました。


その子をとれるかどうかわからないけど

来てほしい子が来てくれたらいいじゃない?って。



「んーー、まだ誰とも・・

それにほかの部署もほしいっていうかもしれないし。。」

的な発言をしたので


ちょっと待った、と。



君は、行きたい会社の募集枠が一人しかなかったとき

あいつも行きたいっていっていたなって譲るのか?


好きな子がいて

そういえばあいつも好きだっていっていたなって

その子を譲るのか?



そんな

2番目3番目な人生でいいのか?


それおかしくないか?


あきらめるのは後でしょ?




って言ってしまいました。(;^_^A



だってぇぇぇ。



やる前からあきらめるって、

やってもみないうちから降りてしまうって、

私的には納得できない~~!




その子の言わんとすることも分かる。

(私もそうだし)


期待して

傷ついたり

がっかりしたり

悔しい思いをするくらいなら

最初からあきらめているほうがいいってことなんだろう。



でも。

まだ若いのにって思っちゃう。


まだハタチそこそこのくせに

人生をあきらめてる感がして

私から見るともったいなくてしかたがないのです。




若者よ!

チャレンジしろよ。


若いんだからさ!