自己満足でもいいんじゃない?

テーマ:
宇宙が好きなので
アニメ「宇宙兄弟」を毎週楽しみに見ています☆

「夢を叶える」ということが
テーマのひとつにあるのかなと思ってみているのですが。


シャロンさんという人の夢が
「月に望遠鏡を作ること」
だったりするんですね。

それを作りたい表向きの理由はそれなりにあるんですが、
そのココロは
「亡き夫が見つけ、名づけてくれたシャロン星をもっとちゃんと見たい」
という思いっきり自分のためだったりします。(^^)
(主人公の憶測ですが私もそう思います)



先日、向井 千秋さんの夢をテレビで見ました。

「月にお風呂をつくりたい」
ということでした。

「重力(引力?)が地球の1/6しかない月でどうしたら水を安定させておくことができるか」
的なことが課題だそうです。

「お風呂に入って地平線ならぬ月平線から宇宙にぽっかり浮かぶ地球をながめながら
お酒飲みたいのよね~~。わたし、お風呂もお酒もすきなのよ~~笑」
みたいな、ことをおっしゃっておられまして。

なんだか、いいなーと思いました。


夢ってそのくらい自己満足的なものでいいんだって思えて
嬉しくなったんですね。

私欲にまみれた夢でも
それを実現させるために生まれた技術は
きっと他のことに応用できるはずですし、
なにより実現させたいという想いの強さというかモチベーションというか
それを持続させるチカラとしては
私欲は最高なものだと思います。


わくわく度が違いますから。


ということで提案

「思いっきり自己満足的な夢を想像しませんか?」

あなたがこころから楽しめることを。

魂が喜びに震えることを。









AD

不機嫌さんの対処方法

テーマ:
前回の日記の続き
というわけでもないのですが。


不機嫌さんに出会った時の私の対処法をご紹介。

1.
気にしない。

不機嫌の理由が分からないので放っておきます。

2.
同調しない。

相手の感情は相手のものであり、私の感情ではありません。
相手の感情に振りまわされないようにします。
スクールカウンセラーの明橋先生はこのことを
「感情に境界線を引く」と表現されます。

3.
その人の幸せを願う。

これは前回書いたとおり。


他にも
「さわらぬ神にたたりなし」のことわざにある通り
近寄らない、という方法もあります。ニコニコ



不機嫌な人のご機嫌取りをすると
相手は味をしめるんですね。

あなたが不機嫌好きならいいですが
そういう行動や態度を苦手とするなら
あまり構わない(構いすぎない)ほうがいいと思います。


ちなみに
私が一番気をつけているのは
2の「同調しない」です。

一緒になって不機嫌になると
私の運が悪くなるからです。

それだけはなんとしても避けなければ!
と思って自分のゴキゲンを損ねないようしています。




できれば
みんなが笑顔」「が一番です。

そのためにはまず自分の笑顔から☆



以上、
私の対処法でした~。








AD

ご機嫌と幸せ

テーマ:
今週に入り、2回も三浦春馬くんの夢をみて
(しかも1回は付き合ってる夢だった☆)
かなりゴキゲンなくららです。音譜


ゴキゲンといえば。。

職場にちょっと不機嫌な人がいるんです。
(いつもじゃないですよ。)

でもね、話しかけて不機嫌そうに返事されると
困っちゃうんですね。

何が困るって
たとえば話かけにくい。
仕事を頼みにくい。
場の雰囲気が悪くなる。
私まで不機嫌になりたくなる。

など。

隣の人とは楽しそうに話しているので
私に対してだけか?
とも思わなくないのですが。。( ̄_ ̄ i)


とにかく困ったなーと思うわけです。


まぁ
忙しいから余裕がないんだろうけど。


かといって
この時期、みんなが忙しくて
サポートするにも限度があるし
そもそも不機嫌な理由が分からない。。

うーん
さてどうしたものか。


とりあえず
私にできることとして
その子の幸せを願っています。

幸せならゴキゲンでしょ?
そしたら私も困らなくて済むし♪


自分のために人の幸せを願っている私w



「どうかその子が幸せでありますように。」




そして
このブログを読んでくださってるあなたにも。


「あなたが幸せでありますように。」






AD

結局

テーマ:
だんだん自分が何を言いたいのか
良く分からなくなってきました(笑)が

固定観念や常識にとらわれるのをやめませんか?
と言いたいのです(たぶん)

日本語の表現でいえば
「~すべき」
「~ねばならない」にとらわれるのをやめませんか?
ということです。(たぶん)


宇宙が生まれて今どのくらいのお歳になるのか知りませんが
宇宙からみれば
私たち人間なんて昨日、今日生まれた赤ん坊とたいして変わらないだろうと
思ったりします。


その赤ちゃんが
自分の
または自分の地域の
または自分の国の
自分たちの常識や固定観念などで
相手を責め、裁き、
自分のほうが正しいと言っているのを
宇宙から見たら?


「あなたはまちがってるでしゅ」
「間違ってるのはそっちでしゅ」
「なんでちゅってぇ~~?」
「あなたのほうがぜ~~~ったいおかしいでしゅ」
・・・



意識をぶわっとこれ以上ないくらい大きく大きく広げ
空間のみならず時間軸も超えて
自分の意識を広げた時。


全てが愛おしい存在だと思うような気持ちになりませんか?


戦争は
正義と悪の戦いではなく
正義と正義の戦いだと
なにかで見たことがありますが
なるほど、と思います。


自分という小さな枠にとらわれず
宇宙規模の視野で物事を見たり考えたりしたとき。


いままで
自分が「~すべき」「~ねばならない」
と思うことが本当にそうなのか?
と疑問に思えることもあるかも?


そうはいっても
目の前の現実は確かに存在し、
その世界の中で生きている私たち。

なかなかいままでの
考え方や行動は変えられませぬ。


それでも
一人になる時間があったら
意識を大きく広げてみてはいかがでしょう?


自分を肯定し、
相手を肯定し、
全肯定の中で生きることができる、
かもしれませんよ?音譜


(いったん終わり)