人生は一期一会 それでも心に残る人になろう  Harmony Bureau 植田聖子   

10月16日 ホテルオークラ神戸にて、宮崎哲弥さんの講演会が行われました。

某大手企業110年の記念イベントで、会場には多くの皆様が参加されました。


宮崎哲弥さんといえば 「スーパーニュースアンカー」や「たかじんのそこまで言って委員会」など、ほとんど毎日どこかの番組にレギュラー出演されていますので、お顔を見ればご存知の方も多いはず。

冷静で鋭い分析力あるご評論、それでいて柔らかなお話し方に定評のある方です。


講演会は 前半はトーク形式で進行し、後半はパワーポイントを使用しての宮崎さんのお話へと続きます。


椅子に腰掛けてのトークでは、TV出演のウラ話や お忙しい日常などを、いつものソフトな口調で気楽にお話下さいました。 宮崎さんの出演番組には ほとんど台本が用意されないことや、多忙な中でも6時間は睡眠時間をとられていること(3時間しかとれない時期もあったそうです)、また、そんな日常でも、なんと月100冊の本を読破されているという 信じられないようなお話もありました。


・・・だって、新大阪から東京まで、新幹線の中で 新潮文庫3冊を読んでしまうんですって!


・・・失礼ですが、飛ばし読みですか? とお聞きしたら、

・・・飛ばし読みや斜め読み、また一般に言われている速読ではないです と、キッパリでした。


なんでも 日本語の「単語帳」を作っておられて、難しい言葉、知らない言葉を見つけたら、すぐに意味を調べてストックしていらっしゃるそうです。

・・・これは、話し方を仕事としている私としては大いに学ぶべきところでした。


ですから、ページを開いてサーッと目を通していくと(飛ばさず、斜めでもなく)、全部 書いてあることが どんどん頭に入っていかれるそうです。

わからないことが出てきたときでも、絶対に後戻りせず、ポストイットを貼って、ひたすら読み進めていくことが大事とのこと。読み終えた後には、わからなかったことも解決されていることがほとんどだとおっしゃっていました。


これは、少し、人生にもいえるかもしれないな・・・と思いながら伺っていました。

新しい経験を、小さいことから忘れず糧にしていくこと、そして難問にあたっても 迷わず 行き着くところまで進んでいく。 自分の内にある知識と、目先にとらわれず俯瞰的に問題にあたることが、解決への近道なのかもしれないと気づかせていただきました。


加えて、本は できれば 難しい言葉が出てくるような、一見読みにくいと感じるものを読むことが、ボキャブラリーを増やすことになり、脳を鍛えることにもなると、特に若い世代の方に呼びかけていらっしゃいましたよ。 


政治情勢については、選挙、各党の政策、外交・軍事力、尖閣問題にも少し触れられ、私たちに向けては、こうした情勢だからこそ、世論が大事だということ、各党の政策をしっかり知ることの大切さを語られました。


後半は、私たちの暮らしに直接関わる財政問題。消費税増税についてご自身の見解を中心に、ここからは、パワーポイントを使って、巨大スクリーンを前に熱弁をふるわれ、ニュース番組さながらに 大迫力の講演となりました。


お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

主催の企業関係者の皆様、ホテルスタッフの皆様方、大変お世話になりました。


そして、宮崎哲弥先生、お忙しい中を本当にありがとうございました。



     ゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;: ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:**☆*:;;;:*☆*:;;;:



最後に。

お控え室での 宮崎さんは、テーブルに新聞を全誌置かれ、僅かな時間もムダなくお過ごしでした。

ですが、マネージャーと私が伺うと、快くご対応下さり、また関係者の方との写真撮影にも 何度でも笑顔で応じられ、TVで拝見するイメージのまま お人当りの良い素敵な方でした。

熱弁後は、予定時間を超えてしまわれ、急いで東京にお戻りでした。



話せることで世界はどんどん広がります。 あなたの世界を広げませんか。

◆ 話し方教室・講座・セミナーを 大阪・神戸・西宮でお探しなら  

 ベル talk studio ハーモニービューロー へ お越しください。お待ちしています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古(教室・業者)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 話し方・聞き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ