韮崎市O様邸屋根カバー工法外装リフォーム工事③ベランダ塗膜防水通気工法 | HarK Works

HarK Works

HarK【House all rounder Kurosawa】
これは聴く、耳を傾けるという意味になります。
家のことなら何でもご相談下さい。
新築・リフォームの施工事例を紹介します。

次の工程です。

ベランダのシーリングを撤去しています。固くなったシーリングをカッターで撤去。

経年劣化でボロボロで固くなってます。

ベランダのシーリング補修跡を研磨します。

下地補修材の段取り

下地補修材を撹拌機で良く練ります。

下地補修材塗布。

立上りと平場の隅に塗っていきます。

劣化した保護モルタルがざらついているので、下地補修します。

平場も全部補修。

翌日、プライマー塗布。下地補修材が乾いているのを確認します。

プライマーは、防水材との密着性を高める下塗り材です。

通気シート張り。

通気シートのジョイント部分テープ張り

 

改修ドレーン取付

 

立上り部分に脱気筒取付。

脱気筒取付中。

ウレタン防水クロス入れ

ウレタン防水クロス貼り付け

 

1層目のウレタン防水塗布。

 

ウレタン防水1層目塗布完了。1日養生期間として乾燥させます。

2日後。ウレタン防水2層目塗布。

ウレタン防水2層目塗布完了。養生期間2日おいて、トップコート塗りに入ります。

ピンホール補修

日当たりが良いバルコニーではピンホールが出来る事もあります。

防水上問題はありませんが、見た目の問題だけですが、硬化中にピンホールが出来ます。

防水材で埋めて補修します。

トップコート塗り中。

トップコート塗り完了。

今後10年くらいでトップコートの再塗装が必要になります。

 

次の工程へ続く・・・