おはようございます、筒井ですニコニコ

今日は大寒ビックリマーク1年で一番寒い時期ですあせる

みなさん、しっかり防寒してますか?

 

今日は美容鍼のお話の続きです。

前回のブログで

『症状によっては、美容鍼では効果が出にくいと思う』

というお話しをしました。

※あくまでも個人的な意見です。

 

例えば、顎の下に吹き出物ができるとか小鼻の毛穴の開きが気になるといったお悩みの場合。

体の治療をすることでお肌の悩みが解決することがあります。

 

東洋医学では顔には五臓六腑(内臓)や体の状態が現れると考えているので、お肌の悩みでも体の治療を優先させることがあります。

※鍼灸の古典『黄帝内経霊枢』五色篇参照

 

 

こちらの図を見てみて下さい↓

 

 

 

 

顔の中に五臓六腑の名前が書かれていますねキラキラ

 

実際、顔は体調に合わせて色々な変化が現れます。

 

いくつか例をあげると、

風邪をひいている時に肺の部分が赤っぽくなる。

神経が過敏になっている時に、心や肝の部分が青っぽくなる。

食べ過ぎや飲みすぎで、小鼻周辺の脾・胃の部分が赤くなる、吹き出物ができる、毛穴が開く。

月経の時に過食傾向になる人やデリケートゾーンの痒みがある人は、月経時に口の周りの膀胱や股裏の部分に吹き出物ができやすい…などなど。

 

体や臓腑に原因があってお肌に症状が出ている場合は、お顔だけに鍼をしても症状がなかなか改善しませんあせる

 

繰り返し症状が出る場合やお顔の鍼では改善がみられない時は、体にアプローチするとスッとよくなることがありますニコニコ

次回はお肌のお悩みの治療例を紹介します音譜

 

 

福岡市内西区姪浜の鍼灸院|伝統鍼灸風月院|姪浜駅から徒歩12分

※ご予約時に住所をお伝えしています。

092-775-4184