恐ろしかった・・・



 金曜日の夜23:30から上映の親指探しを観に行ったが、本当に恐ろしかった。私の趣味の一つにホラー映画を映画館で一人で観るというものがある。私のお気に入りの映画館はそこそこ大手のシネコンなので、その野望は深夜でも中々達成することはできず、毎回まばらな観客と鑑賞するのが常である。しかしながら今回は平日の深夜、しかも小品のホラー映画ともなれば、期待がもてる。そう期待に胸を膨らませつつ映画館の扉を開いたのだが、そこには恐るべき光景が広がっていた。

・・・満席。

信じられない・・・・。ここは本当に「阿修羅城の瞳」で貸切映画館を達成した場所かと目を疑った。平日の深夜だぞ・・・しかも初日じゃい・・・ゴクリ・・・これは何かある。頭の中で「かまいたちの夜」のテーマソングが流れ始めた。もしかして「ゲド戦記」と間違ったか?いや違う。じゃぁこの人はなんだ。いや待て、この人間は本当に存在しているのか?「シャイニング」のジャック・ニコルソンのように迷い込んだのではないのか?いるはずのないところに100人からの人がいるのだから、これがホラーでなくてなんなんだ。・・・・一体なんなんだこれは、恐ろしい。


まぁ終わってみればV6という落ちがついたのですが、本当にそれだけで深夜の映画館が満席になったのかはいまだに不明・・・。


映画?映画はホラー映画ではなかったけど、普通によかったですね。「リアル鬼ごっこ」なんていうものを書いてる人が原作だと聞いていたので、どんなゲテモノかと期待していたのですが、普通の映画だったので、拍子抜けすると同時に関心もしました。

心理描写と展開がうまいので中々みせますが、いかんせん俳優があれではどうしようもないでしょう。しかし佳作といえる出来だと思います。


とりあえず、映画の前の浴衣のアレはないですね、アレでテンションがた落ちですよ。




AD

コメント(53)