表題の通り、当塾では学校のワーク(問題集)を宿題にしています。というか管理していると言いますか、塾の宿題+αとして毎週与え進捗状況をチェックしているのです。

そもそも、塾が学校のワークを管理するのはどうなの?というご意見もあろうかと。私も同感です。しかし、悩みに悩んだ挙句、今年から管理することに決めました。というのも、テスト前になると溜めに溜めた問題集をやっつけるために多くの生徒がそこに時間を費やし、本来為すべきテスト勉強がまったくできないという状況があったからです。みなさん、思い当たるところありませんか?

全国的にどうかはわかりませんが、この川崎エリアでは課題の提出は必須です。これを疎かにすると、どんなにテストで良い点数を取っても内申で良い評価をしてもらえません。その最重要課題が、まさにテストの日に提出を求められるこれらワークなのです。

小学校の時からあまり課題提出を重要視してこなかった生徒は、中学校に入ってからもあまり変わらず蔑ろにする傾向があります。しかし、そんな生徒がいわゆる学習塾に通ってテストの点数を上げようとしたところで、私は本末転倒だと思います。むしろ「塾に行ってる時間あったらワークやれよ!」と言いたくなります。私の持論ですが、塾の役割は、ただ生徒の知識や理解を深めてテストで良い点数を取らせてあげることだけではないと考えています。上に述べたようなことを含め、しっかり生徒に伝えて、まずは内申点を上げてあげることが重要だと考えています。内申点が上がらないことには、どんなに頑張って点数を取ってきても、行きたい高校を受験する権利を得ることができないかもしれないですから。そのためには、塾としてそこに向けてしっかりとペースメイキングをしてあげる必要があるのではないかと思うのです。

もう一つ、私は学校のワークには、底知れぬ「パワー」が漲っていると考えています。これを利用しない手はありません。詳しくは以下をご覧ください。

「成績の上がらない理由⇒ https://ameblo.jp/harima-selmo/entry-12320903463.html 

私は生徒に、「手っ取り早くテストの点数を上げたかったらワークを3回やれ!」といつも言っています。そして、それを先生に提出すれば、点数は上がるし先生の評価も上がるし一石二鳥、内申4か5は間違いなしです。

もし、毎回ワークの提出期限直前に家でガミガミ怒鳴っているお父様、お母様がいらしゃいましたら、ぜひ一度プライムゼミナールの門を叩いてみてください。