ウィッグ生活になって
まだまだ新米の私ですが

脱毛症になるまでは、まさかウィッグがネット通販で買えるとは思ってもみませんでした。

いまでは有難く利用していますニコニコ

〈ウィッグ 通販〉とか
〈医療用 ウィッグ〉で検索すると、

リネアストリア』『アクアドール

だいたい
この2つに行き当たると思います!

ウィッグをネットで探し始めた頃
写真では違いが分からず、
どっちがどうなのだろう??
と、悶々としました。笑

どちらのウィッグも
リーズナブルに医療用として使えて
デザインもオシャレを楽しめるウィッグキラキラ

ウィッグの知識は浅い私ですが、
両者の人工毛フルウィッグの
共通点や異なる点を、
素人目で比較をしてみました。
(あくまで、私の主観と印象ですあせる)


【共通点】
ブルー音符ネットで買える。
ブルー音符ウィッグとしては値段がお手頃。
ブルー音符10代からでも楽しめるようなデザイン。
ブルー音符医療用としても使える手植え仕様。


【お値段】
むらさき音符リネアストリアの方がリーズナブル。

お値段については、リネアストリアの方が全般的にお手頃です。アクアドールはリネアストリアのお値段×1.5~1.8くらいです。


【人工毛の髪質】
むらさき音符リネアストリアは照りがあり、やや太め。
むらさき音符アクアドールは照りが少なく細い。

髪質については好みが分かれると思います。
地毛の髪質により近い方が違和感が生じにくいと思いました。
個人的には、アクアドールの人工毛が自然に感じますし、会社としてもこだわりのポイントのようです。人毛のような照りの少なさが、着用したときの不自然感をもたらしません。フワっと感も自然です。


【つむじ】
むらさき音符人工頭皮自体に大きな違いはないかも。
むらさき音符毛の生え方はアクアドールが自然。

人工頭皮自体は、素人目には同じものを使っているのかな??といった見た目です。
ただ、人工頭皮の大きさはアクアドールが大きく、人工毛の植え込み方、フワっと感、ショートカットのメッシュタイプのスキンから毛が生える感じ、つむじの位置はアクアドールが自然に感じました。


【デザインの豊富さ】
むらさき音符リネアストリアはデザインがとても豊富。

アクアドールもロングからショートまで色々なデザインが選べますが、
豊富で流行りに乗ったたくさんのデザイン、髪色。リネアストリアのウィッグの種類の豊富さは特筆するところだと思います。
リネアストリアの通販サイトもファッションサイトみたいでオシャレで可愛いですし、ウィッグを購入したときに同封されている誌面もファッション雑誌みたいでワクワクします。


【サイズ】
むらさき音符リネアストリアはS~Lサイズがあります。
むらさき音符アクアドールはフリーサイズです。

ウィッグのデザインにもよるので、全てのデザインがS~Lサイズ対応ではありませんが、リネアストリアの一部のウィッグにはSサイズやLサイズがあります。
アクアドールはフリーサイズです。伸縮性はありますが、頭に対してウィッグが大きく、サイズが余ってしまう場合は縫い縮めが必要です。
私は結構縫い縮めています。
縫い縮めは難しいものではありませんが、ほんのちょっと面倒です。


【かぶり心地】
むらさき音符軽さはあまり変わらない印象です。
むらさき音符肌触りはアクアドールが優しいです。

重さは測ったことがないので実際の軽量による感想ではありませんが、被った感じはどちらも軽いです。
髪質の為なのか、毛の埋め込み方の為か、内側のベースの為なのか、詳しいことは分かりませんが、リネアストリアはチクチク感が気になることがしばしば。
アクアドールの方がチクチク感は気になりません。



以上です。

両者の人工毛フルウィッグを総じると、

流れ星リネアストリアはファッションウィッグ寄り
流れ星アクアドールは医療用の特性が強い

私の中ではこんな印象ですビックリマーク


他にもたくさん良いウィッグ屋さんがあると聞いているので、少しずつ色んなウィッグを試して楽しみたいです。