本日から国立おざわ銀座院〈銀ざわ〉6日間夏季休暇をいただいております。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくおねがい致します。






2月の開院からバタバタと忙しくさせていただいておりましたが、久しぶりのまとまったお休みです。


田舎でのお盆をゆっくり過ごそうと思っております(^^)






さて、国立おざわの社名でもあります

《 one page 》

伝えたいことを一枚にまとめるワンページマネージメント。

私も銀座院開業時から毎月まとめております。
(本院院長の小沢は開業時から10年欠かさずやっています、、、継続する力恐れ入ります。)



ありがたいことに、銀座院開院から半年経ち患者様も増えてまいりました。


鍼治療が初めてでご来院される方も多く、『鍼の力に感動してほしい』という、院長小沢が目指している鍼治療が少しずつ浸透しているのを実感しております。





患者様から『鍼はクセになるって聞いたことあるのですが大丈夫ですか?』と聞かれることがあります。




鍼は本来未病を防ぐことが出来る治療です。


風邪をひいたとき、怪我をしたとき、頭痛、腹痛、身体のだるさ、、、不調があるとき薬を服用することはありますよね?
血圧を下げる薬など、継続して薬を常用している方もいると思います。



治療の選択肢として病院に行って薬を飲むのが当たり前の世の中ですが、本来であれば症状が出て薬を飲むという行為をする前に鍼治療をしてあげるのが体調管理の一つになるのです。



まだまだ体調管理の一つとして鍼治療を選択される方は多くはありませんが、多くの未病は身体的精神的ストレスによるものです。


身体に溜まったコリを取るというのは、日々のケアとして第一ステップです。



ですので、本来の鍼治療の目的として何か不調があったり悪くなりそうな時、 “副作用のでない鍼治療” をしてあげるということは、継続して薬を服用するという"クセ"よりも身体にとって健康的であるといえます。



私は治療の第一歩、未病を防ぐ目的として鍼治療を選択してくださる方がこれから増えていくといいなと思いながら鍼治療への想いをみなさんに伝えさせていただいております。





初めての方でも安心してお受け頂ける治療を心がけておりますので、ぜひぜひ鍼治療を経験してみてください。





※17(金)は、急なご症状の方はご連絡いただければ施術させて頂こうと思っております。
お困りの方はご連絡ください。




東京都中央区銀座2-4-19
GINZA SENRIKEN 5F
TEL : 03-6228-7003 
MAIL : ginzawa.hari@gmail.com 
Twitter : @ginzawa_hari 
鍼治療 〈銀ざわ〉院長 吉田理恵 

本院のホームページはこちら💁‍♀️