この投稿をInstagramで見る

長崎原爆の当時、投下地点の1.4km先の病院で放射能を浴びながらも、治療を命がけで行って、被ばくせずにその後60年も長生きして活躍された、秋月達一郎先生の「食物と体質」を読み返しました。 改めて、この新型コロナ騒ぎの中で、ウイルスにも負けない体質作りを、普段から考え、実行しなければと強く思います。 簡単ですがまとめてみます。 秋月医師は虚弱体質であったので自らの経験から、現代の西洋医学は対症医療で、体質を改善し根本的に解決するものではないと確信を強く持っていた。 人間の体質を作り変えることが医学の本当の姿であるという信念により、人間の体質を作り変えて、病気にかからなくてすむ身体、 また病気にかかっても軽くて治る体になることを研究し追い求めた。 その体質を決定するのは食物である。 生まれつき体質は決定したものという考えは正しくない。 受け継いだものと同時に、日々の食事で作られるものである。 あそこが悪い、ここが悪いという人に「味噌汁は毎朝たべますか?」ときくと「さあ別に」と多くの方が答えた。味噌汁なんか極めてたいしたことないと軽く考えているのだ。 それに引き換え、病気はほとんどしない。また病気をしても軽くて治ってしまう人は、理屈抜きに毎日味噌汁を食べる。 習慣からか味噌汁を食べずにはおられない人々である。 厳密にいうと、味噌汁を毎日食べるから健康なのか、健康だから味噌汁が好きなのか、原因と結果の論争になるのである。 味噌汁を毎朝食べているということが、病気にかからない、病気にかかっても治りやすいということと、重大な因果関係があることは信じて良いであろう。 味噌汁を食べ始めたからと言ってすぐに病気に効くものではない。 毎日欠かさずに味噌汁を食べていると、体質がいつの間にか、病氣にまけない体質になっているのである。 また味噌はすべての食品の栄養価を、その栄養化だけ発揮させる食品というべきであろう。 私は学校の父兄の集まりで、発言を求められこのように言った。 「毎朝、ワカメ、野菜油揚げの味噌汁を必ず厳しく食べさせてください。味噌汁を毎日欠かさないことは親の義務であると考えています。」 本当に私は自分の命をかけて医学をした。今、味噌汁にたどり着いた。毎日の味噌汁である。これが健・不健の鍵である。 以上です。 放射能にもウイルスにも負けない、健康体質は普段からの食・生活習慣の改善にあります。 (医薬品・農薬・肥料、添加物を避ける。石油系化学物質、殺菌・除菌・抗菌グッズを避ける。健康食品、サプリメントをさける) だからこそ普段から素材力のある、自然栽培のササニシキ米と天然醸造味噌と自然栽培野菜を、食べてナチュラルな生活していきましょう。 (味噌は約一年かけて醸された天然醸造のものを。ワカメも大切です。日本人は海藻を消化する酵素を三倍も持っている。海藻はマストだからです) 自然食堂こひつじやの命の力の詰まった、ランチプレートと、自然栽培大豆と天日湖塩、天然菌麹で仕込んだこだわり抜いた天然醸造の味噌で作った味噌汁を飲みに来てください 自然食堂こひつじやbyハレルヤカフェ シェフあきら #秋月辰一郞 #免疫力 #自然治癒力 #最強の自然食品 #ウイルスに負けない身体作り #ハレルヤカフェ #オーガニック料理 #オーガニック弁当 #自然食堂 #自然食 #自然栽培 #健康食 #発酵食 #ごはんや #ナチュラル #自然栽培味噌 #大豆 #松戸 #ナチュラルスイーツ #オーガニックスイーツ 自然食堂こひつじや byハレルヤカフェ 電話番号 047-362-9159 住所 千葉県松戸市松戸新田24-3-17 1F URL https://sizensyokudo-kohitsujiya.owst.jp/

自然食堂こひつじや byハレルヤカフェ(@hareruya_kohitsuji)がシェアした投稿 -