この投稿をInstagramで見る

ハレルヤカフェの中にある小さなレストラン 自然食堂こひつじやです 当店名物 納豆丼のご紹介です 自然栽培の大豆に自然栽培の稲わらによる天然菌で発酵させた、納豆です 流通している納豆は、今では大半のものが天然菌によるものではなく純粋培養された菌で造られています。 純粋培養と天然菌納豆の違いの説明↓↓↓ 「神様が造られた大自然に学ぶ食と健康の話」斎藤晃著から 天然菌の自然栽培国産大豆の手作り納豆 日本が誇る伝統の栄養食品である発酵食。蔵に住み着く菌や、わらにつく天然菌で醸されてきました。しかし現在は天然菌仕込から合理化が進み純粋培養された菌で仕込ます。これらは、エキス類、アミノ酵、ビタミン剤、ミネラル剤などを使って人工的に純粋培養されているものが大半です。この純粋培養菌の中には、牛肉のエキスや化学調味料を培養液に使っているものもあります。また、バイオテクノロジーの技術で遺伝子操作された純粋培養菌もあります。遺伝子操作された純粋培養菌や牛肉エキスや化学調味料の培養液を使った純粋培養菌は、安全性に疑問があります。オーガニックの認証においても、発酵醸造菌の厳しい基準はありません。有機でも純粋培養菌で仕込まれている現状です。「天然菌」と「純粋培養菌」の違いをイメージするには、料理の味つけ成分の、鰹節や昆布など「天然のものでとった出汁」と「化学調味料」との違いに例えると解り易いと思います。鰹節や昆布など「天然のものでとった出汁」はグルタミン酸やイノシン酸などうま味のもととなるアミノ酸だけではなく、他の多くの成分が含まれており、それらが絶妙な味わいをかもし出します。一方の「化学調味料」はグルタミン酸ナトリウムなどを使って人工的に作った単一のうま味ですから、深い味わいがまったくありません。「天然菌」が鰹節や昆布など天然のものでとっただし、「純粋培養菌」が化学調味料に例えられるでしょう。また大豆は遺伝子組換えのものが多く国内に流通しています。その上に、このような遺伝子操作菌で作られた市販の納豆はもはや、健康食品と決して言えるものではありません。日本の発酵食の代表的食品が残念ながら失われてしまいつつあるのです。そこで、私達は今まで店内で提供していた、わらに着く天然納豆菌で仕込んだ自然栽培大豆の手作り納豆を少しでも流通させたいと、このたびの商品化に至りました。大量生産はできませんし、市販の納豆のような糸引きはありません。また暖かい日、天候や四季により出来上がり状態にばらつきがあり、管理された工場生産のように一定ではありませんが天然菌納豆をできるだけリーズナブルに提供する為と理解していただいたうえで「天然菌の自然栽培国産大豆の手作り納豆」をご賞味いただきたいと思います。 このような想いから、手作り納豆が生まれもう五〜六年になります。 この納豆を自然栽培ササニシキにかけて、他にも自然栽培野菜の自然食惣菜をのせてご提供しております。 ぜひともご賞味ください 自然栽培納豆丼 ¥800 そうそう、納豆食べられない人でも、うちのは食べれるという人とっても多いのですよ〜 #ハレルヤカフェ #オーガニック料理 #オーガニック弁当 #自然食堂 #自然食 #自然栽培 #健康食 #発酵食 #ごはんや #ナチュラル #自然派 #天然菌納豆 #自然栽培納豆

ハレルヤカフェ&自然食堂 こひつじやさん(@hareruya_kohitsuji)がシェアした投稿 -