長男に

計算ドリルのマルつけをして

とお願いされました。



スペースの使い方に

こだわりがあるようで


読みづらい(-ω-;)


どれが答えなんだ…( ;∀;)



これまでも


「先生がマルつけしやすいように

間をあけて書こうね」


と何度か伝えてきましたが


本日のはマジでわからん( ;∀;)



疲労のピークだったこともあり


苛立ちから怒りすら芽生える。


タスケテー(/≧◇≦\)



そして、

ふと思い出しました。


司法試験合格後、

論文答案練習会の採点を

させていただいたのですが


読みにくい字だと

読むのが苦痛のあまり

救済的受け取り方をする

意欲が削がれたなぁ


と。


上手じゃなくていいんです。
書きなぐりじゃなくて
丁寧に書いてるかどうか。
読む人に配慮して
読みやすくできているかどうか。
例えば「0」なのか「6」なのか
迷わせない形にできているかどうか。


人間って主観的な生き物だから
やっぱり判断に影響出てくるよ、きっと。

急いでるから雑になるなら
「急いで書いても読みにくくない字」
を書けるように日頃から工夫するとかどう?



なーんて思っていたなぁ

とふと思い出しました。



とりあえず、長男には

スペースの空け方を

具体的に提案してみよう。

二行空けでは、
(繰り上がりの添え書きがデカイために)
読みづらいから
三行空けで挑戦してみようじゃないか( *・ω・)ノ


イライラのあまり
ちょっと落ち込んだけど

回復できました(*^ー^)ノ♪


今週は
前向きに頑張るぞー(*´∀`)♪