先日、研修に参加しました。


「怒り」には

悲しい、悔しい、さみしいなどの一次感情が

隠れていることが多い。


そして、一次感情を伝えることで

怒りを相手にぶつけなくてすむ


と学びました。



私はイライラしている自分や

怒りを感じている自分が

好きではないので


なぜ自分はイライラしているのだろう?
なぜ私は怒ったのだろう?

と考えることがあります。



「一次感情」という視点で考えると

自分に理由を説明しやすいかも!

と目からウロコでした。



早速、活用!と思っていたところ


長男が寝る時に

爪をいじってなかなか寝ない。




→「やめなさい!」

ではなく

「爪をいじると、痛くなるよ。
お母さん、長男ちゃんが痛いの、悲しいな。
お母さん、長男ちゃんのことが大好きだからさ。
爪が気になるなら
一緒に下に行って爪切ろうか?」

と言ってみました。


すると


長男は

「うれしい~。爪切らなくて大丈夫!」

と言って

ニコニコしながら

眠りにつきました。



やめなさい!って

怒りをぶつけてたら

このニコニコには

出会えなかったよなぁ


とビックリしました。


とても勉強になりました(*´∀`)♪