HSP.HSCのセミナーにアートセラピーを取り入れてみました! | 「子育てアートセラピー」あなたの子育てを応援!!桑原則子のブログ

「子育てアートセラピー」あなたの子育てを応援!!桑原則子のブログ

子育てを応援!アートセラピストがアートの視点から子育てに役立つ情報をお届けします。

こんにちは!
今日は台風の影響からか、いくぶん過ごしやすい関西です。
九州地方の方、小型だけど勢力強い台風のようですので気をつけてくださいね台風


ブログ訪問ありがとうございます。


毎週、火曜日に週刊でお届けする
「子 育てアートセラピー」
子育てをアートの視点から役立つ情報を発信しております。アートセラピストの桑原則子です。



先日、HSP.HSC(ひといちばい敏感な人、子)のセミナーをさせていただきました。



主催はエイドネットCafeさん。

学校に行きづらい、社会と繋がりにくい方たちの居場所学び直しの場所として素晴らしい活動キラキラされています。
https://www.facebook.com/pg/aidnetcafe/about/?ref=page_internal



支援者の方も多くご参加いただき、ひといちばい敏感な子達にどう対応してあげたらよいか考える皆さんの姿勢。温かい思いには頭が上がりませんでした。


  そんな新しい方々との出会いもでき、私にとって刺激の多い会となりましたおねがい


その中でかなりプチではありましたが、アートセラピーも取り入れさせて頂きました。

時間で言うとわすが10分ほどだったかな。






大人になると日常あまり使わなくなった色鉛筆。


ほとんどの方が久しぶりと言ってらっしゃいました。
汚れもしない手軽な色鉛筆で簡単に塗り絵を。


今回は
「真ん中に自分を描き、その周りは好きな色(オーラ)を塗る」
私が提案したのはこれだけです!


ほんとに気軽に、
こんな感じでいいのです。



それだけなのに、

皆さん絵描き楽しかった〜💓とこんなご感想いただけましたクローバー









そして、参加者の方々が勇気を出して質問を投げかけてくださいました。


そんの中でも、今の自分の辛さを涙ながらに訴えてくださった方もいました。きっと、今までどこにも言えなかった感情を吐き出して下さったのだと思いました。



会場の、おひとりおひとりの優しい雰囲気が醸し出してくださった事が多いにあるのですが、アートセラピーを取り入れた事で気持ちが開放された事があったからだとも思っています。


実はアートセラピーには、そんな効果もあり、言葉にしにくいことを色や絵を使うことで、呼び水的に吐き出しやすくなると言う効果があります。



また、言語化できない大事な感情を絵や色が代わりに表出してくれたりします。



こんな感想が胸につき刺さりました。
勇気を出して下さったことで、新たな一歩に繋がれば嬉しいです!





アートセラピーと聞くと大層なことと思うかもしれませんが、あなたが色鉛筆の中で気になる色を1つ取り、落書きするだけでいいんです鉛筆


それだけで、気持ちがすっきりすることがあります。


それは体に足りない栄養がある時、自然と食べたいと思うものを口にする、それが今のあなたに必要なもの、と、言うように、気になる色と言うのは、今のあなたに必要な色だったりするからです。



ただ単に気になる色をごにょごにょと塗るだけでいいんです。


この夏休み、いつもより時間があるならば
お子さんと一緒にクレヨンや色鉛筆をだして落書きして遊んでみてはいかがでしょうか?

普段お話してくれないようなこと話してくれるかもしれませんよー。

そして、きっとお互い絵を書いてるうちにスッキリしてくるかもしれませんハート

ぜひ、お試し下さい〜〜‼️




クローバーアトリエはらっぱのLINE@はじめました。週刊「子育てアートセラピー」やイベント、ワークショップなどのお得な情報をお届けします。リンクからお友達登録してくださいね!   LINE @                  
クローバーアートセラピーのご予約はこちらから