ブログリニューアル!!子育てアートセラピーとして週刊でお届けします! | 「子育てアートセラピー」あなたの子育てを応援!!桑原則子のブログ

「子育てアートセラピー」あなたの子育てを応援!!桑原則子のブログ

子育てを応援!アートセラピストがアートの視点から子育てに役立つ情報をお届けします。

こんにちは!
ブログ訪問ありがとうございます。



皆さまこんにちは😊

今日はお知らせがあります。




こちらのブログですが、これから子育てをアート視点から役立つ情報を週刊ブログとして

「子育てアートセラピー」と題し、お役に立つ情報をお届けしたいと思っています🍀



毎週、火曜日に週刊でお届けする予定です。

子育てをアートの視点から役立つ情報を発信しております。アートセラピストの桑原則子(のん)です。

今日から本名でさせていただきます。


子育てとはいうものの、アートセラピーは自分見つめ、対人関係にも役立ちます。ぜひご一読頂けたらと思います。




さて、初めての今回、テーマを何にしようか非常に悩みました。





子供が描く絵について書こうと思います!

今日は色の目線から

「黒」



お子さんがもし真っ黒な絵を描いたなら‥親御さんは少し心配になりませんか?



自分は絵を読み取くことなんて出来ない、という方でもお子さんが真っ黒に塗りつぶしてきたら‥


ちょっとただ事ではない、と思うのではないでしょうか?


黒を使うとよくあるのが

「うちの子病んでませんか?」という言葉。



確かにしんどい時に、黒を使いたくなることはあるかもしれません。しかし病んでいると思うのはまだ早い!


あなた自身は黒にどんなイメージ持ってますか? 


黒を着たい時ってどんな時?


べつに病んでませんよねー?


かっこよくみられたい、

クールに見せたい、

細く見られたい、

などなど


そんな思いがあるんじゃないでしょうか


黒にも色んな思いがあります。




例えば、



1人で考えたい、誰も近づいてほしくない


気持ちがふさがっている


力がはいっている


余分なものを排除したい


うちの教室でもよくあるのですが、今までたくさんの色を使っていた子が小学生の高学年から中学生位になると途端に黒しか使わなくなる。(特に男子に表れる。)



そんな時は根掘り葉掘り聞き出すと言うよりは、そっとしといてあげるのがいい時かもしれません。


黒を書いたからといって心配しなくて大丈夫。


1番簡単な方法は書いた張本人に黒のイメージを聞くことかな、と思います。


答えはその子が持っているからです。


人を寄せ付けたくないとき、

周囲に左右されたくないとき

独立心やひとり静かになりたい気持ちが強いとき、

自分の弱さや不安や悲しみを隠したいとき

自分の個性を主張したいとき

などなど色々な意味があります。



一つ言える事はそうやって画用紙に真っ黒で表現できたことが、とても大きなことなんです。

自分の思いを画用紙に包み隠さず描けていること、中にため込んでいた物をアウトプットすることで少し気持ちが楽になるのです。それこそがアートセラピーです




お子さんが描いたものに一喜一憂するよりも、関係性を大切にしてあげて下さいね





皆さまの親子関係が健やかに育ちますよう応援してます💓









クローバーアトリエはらっぱのLINE@はじめました。週刊「子育てアートセラピー」やイベント、ワークショップなどのお得な情報をお届けします。リンクからお友達登録してくださいね!   LINE @                  
クローバーアートセラピーのご予約はこちらから