舞奈?Miky? 毎回大変な総務省がらみのネット申請 | ハカセのズッコケ資格受験奮闘記~目指せ!令和3年司法書士合格~
新型コロナウイルスに関する情報について

ハカセのズッコケ資格受験奮闘記~目指せ!令和3年司法書士合格~

はじめまして、ハカセです。現在40代、会社員(研究職)ですが、一念発起して、司法書士を目指すことにしました。人生100年を考えると、やはり資格をもって長く働ける形がいいなとおもって。ただ、いままで理系畑だったので、試験勉強、正直すっごく大変です・・・

あのコロナで10万円もらえるやつも、マイナンバーカードを手に入れてネットで申請しようと、ばたばたした挙句、結局郵便のほうが早かったという信じられない話になってましたよね。

 

そう、そして今回は第二波、マイナポイント。日経新聞でも紹介されてました。

 

25%還元だから、これまでのクレジット決済などの還元率とはわけがちがいますよね。ただ、なんとかペイに比べると、上限5000円と書かれたりとかで、なんともけち臭い感じにはなってますが。

 

マイナっていうから、何やらかわいらしい舞奈ちゃん的なキャラクターをイメージしていたら、

 

 

今度はMikyって欧米の子供のイメージで聞こえたりと、

 

 

 

わやわやしてましたが、結局、上記のスクショのように、マイナポイントの予約をとると、とりあえずはこの恩恵を受ける可能性が増した、という程度でしょうか。

 

何分予算が限られていて、途中で締め切られるかもしれないとかいってたので、急いでやってみました。

 

僕は、ほかの人と違って、カードリーダーを持っていたから自分の通常のPCでやってたんですけど・・・

 

そこで問題になったのが、「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストール。

 

一体どこだよ?とおもったら、なぜか知らないけれど、上記のスクショの「マイナポイントの予約」というオレンジのボタンの下に、小さな字で

 

発行には、「マイキーID作成・登録準備ソフト」が必要です。

 

って書いてあるんですよね。で、微妙に下線がついてて、しかもフォントが小さい。まさかこのリンクの先にインストール画面があるとはだれも気付かないでしょう。

 

ようやくさっき無事に終わりましたが、なんというか、総務省に限らないのかもしれないけれど、政府がらみのネット申請はとにかく大変です。

 

だって、確定申告も、慣れればらくだけど、最初、ネットで申請するときはやれソフトをいれたり、認証させたりって大変です。

 

法律の話に戻すと・・・

 

法律テックっていうのかな、最近、「なんとかテック」という言葉で、司法関連でもAIがらみの話を聞くようになりました。

弁護士集団がそういう、ネットで契約をして、ハンコもいらない方法をサポートするサービスがあるようで。

ただ、中身を見ると、まだまだ大変というか、いわゆる法律が指定するところの電子署名じゃなくて、

ただクラウド的に両者が契約をして(どうせ口約束でもいいからという感じで)、間を取り持つ業者が

ハンコの代わりをするというなかなか法律的にグレーなサービスになってます。

やっぱり今は、電子署名じゃないとですよね。

 

不動産登記も法律自体が電子化のあおりをうけて、それ用の文言になってます。

でも、やれ公開カギだのなんだの、大変です。

 

登記もネットで見れるようになりましたしね。

 

たしかに、コロナでテレワークなのに、ただハンコを押しに行くためだけに出社するという、前近代的な日本ですから、なんとか風穴は明けないとやっていけなさそう。

 

でも、どうせコロナで鎖国状態だから、日本で成立すればそれでいいのか。

 

でもアフターコロナで「開国」になったら、えらいことになりそう。

来年もしオリンピックやったとしても、「日本って遅れてるな」といわれる可能性大です。

 

そういえば、最近、AIってあまり聞かないことないですか?

 

どっかの中小企業の社長さんが「今はAIどころじゃないんだよ」っていってたとか。

 

本来、人との接触を避けるためにネットなどがあるのだから、AIはコロナだからこそ活用されるべきなのに、実際にこういう状況になると、AIってそんなに役に立ってないですよね。

 

やっぱり人と人とのやりとりが基準で、それをサポートするテレビ会議のシステムなどはあっていいけれど、だからといって人をコンピューターに置き換えたいとはだれも思ってないかも。それがコロナの状況で指し示すAIの暗い未来かもしれません。

 

でも、逆に言うと、AIは人の仕事を奪うことはできないし、だれもそれを望んでないんでしょう。

 

人間のための新しい仕事をAIが生み出してくれる、それが理想といえます。

 

電卓とか道具としてのAIであるべきなんでしょうね。

 

司法の世界にどのくらいITやAI、なんちゃらテックが入ってくるか、不可避とはいえ、その導入には注意が必要な気がします。

 

それにしても、もうすこしお国のネット申請は簡単にならないものだろうか。