2013年07月20日(土)

CDがきた!!

テーマ:ライブ絡み

$茶でもしばこうか


これがCDの製品盤。

鮮やかで艶やかで物欲そそる・・

全国CDショップで買えます。
余裕のある方は
ご予約もどうぞよろしくおねがいします!



と、
ニューアルバムのPVです。




制作課程の再現VTR的な仕上がり。


一応時系列を感じさせるように服や髪型、ひげなど
誰も気づかないようなところにも微妙に変化をつけています。。



撮影・監督・編集は浜野カズシ。

いつかぼくの写真集をだしてくれる男です。




リリースに先駆けて最近インタビューしてもらいました。


東京黎明ノートってサイトと
CINRA.NETってサイト。



自分の曲についてあれこれ力説するのが
前のバンド以来で
テンションがあがってベラベラと
気持ちよく喋らせてもらいました。



どちらの記事もアップされたら
またこのブログでも紹介させてもらいます。


AD
 |  リブログ(0)
2013年07月14日(日)

原田茶飯事の配信が終了に伴っての商魂逞しいお知らせ

テーマ:ライブ絡み

長い間お世話になっていたeo Music Tribeが

今年の9月30日をもって

配信事業を終了するそうで


廃盤になった作品や契約の関係上、再発売の見込みのない作品などの

手に入れる最後の機会かもしれませんので


もし

パソコンやスマートフォンやi-Podとかで

音楽聴いてますねんという方は

とくにこの機会にダウンロードして下さい・

(試聴も出来ます。)



最後の一稼ぎや!




http://eonet.jp/musictribe/pickup/index_creamcheeseofson.html

(クリームチーズオブサン1stフルアルバム/オノマトペ)

茶でもしばこうか

◎2006年発売・男女混声7人編成クリームチーズオブサンの1枚めのアルバム。

選曲家・DJグルーヴあんちゃんや

現・アーバンギャルドのvo浜崎容子のリミックスも含む全10曲。


サカイ引越センターのCMで今年の1月から流れていた「リバーシ」も収録。


個人的には2曲目、3曲目が思い出深い。


----------


http://eonet.jp/musictribe/pickup/index_creamcheeseofson2.html

(クリームチーズオブサン2ndフルアルバム/クリームチーズオブサンの碧い果実)



茶でもしばこうか

◎倉橋ヨエコさんや、Aztec Camera(アズテックカメラ)のボーカル・ロディフレイムが

在籍していたワーナーインディーズから2007年にリリースしたセカンドアルバム。


声が今より圧倒的に若いし 趣に乏しいけど

曲やアレンジは本当に良くできているなと思います。



「青い青年」、「よろめきたい」、「恋人のいない誕生日」「ワルツみたいに」

が個人的にはお気に入り。


なお、クリームチーズオブサンは2008年に解散しましたが

メンバーの何人かは今も絶賛音楽活動中。


アコーディオン・ボーカルの前川サチコは

前川サチコとグッドルッキングガイ

というバンドを


ドラムス仲井信太郎は

ノスタル人(バンド編成のときはノスタル陣 名義)を


ギター岡こうじは

ワンダフルボーイなどに参加。


鍵盤佐々木悠は

Turntable Films、こっきり、原田茶飯事バンドなどに参加。


---------


http://eonet.jp/musictribe/pickup/index_haradasahanji.html

(原田茶飯事1stフルアルバム/かなしみの茶飯事)



茶でもしばこうか

◎東京に移り住んだ2009年にリリースした全曲演奏、録音、ミックスを手がけた作品。


色々手探りで作った思い出深い一枚で

盤は1000枚限定発売で現在は在庫なし。


新作「光るジュレのなかから」も同じく全曲演奏、録音、ミックスした作品なので

まず新作を聴いてから

いろんな違いを聴き比べてもらえると面白いかもしれません。。


今でもリクエストが多い「きみの手を振りほどくための交差点」「ヨーロッパの庭で」収録。



---------

原田茶飯事の最新ライブ情報は

http://haradasahanji.com/live/

(PC、スマートフォン用サイト)


http://haradasahanji.com/m/

(携帯用サイト)

AD
 |  リブログ(0)
2013年07月13日(土)

8月28日(水)は東京新代田FEVERへ!!!

テーマ:ライブ絡み

水戸の絵描き・natunatunaさんが可愛いフライヤー作ってくれました。



茶でもしばこうか


この日のメンバーの似顔絵をグーグル検索とかで探して描いてくれました!


レコーディングに参加してくれた、サックス田中優至(UJ)と

札幌出身の作曲家・梅本多朗(鍵盤)は

原田茶飯事バンド初出演。



8人で華々しく新譜のリリースを盛り上げたいと思います。



そして共演は 元カットマンブーチェ、今年のフジロックも決まり

今かなりノッているシンガーソングライター・

金佑龍(キムウリョン)の

バンドスタイル!



大阪時代から、

かれこれ7年くらいの付き合いのウリョン。


ひげや眼鏡、服装だけでなく

面構えも

すごく格好良くなったなあ。



声もパフォーマンスも

間違いないものみせてくれます。



ぜひどうぞ!


http://youtu.be/nmkSkyqKnBA


(金佑龍の動画↑)


ライブのご予約は

公演日、お名前、チケット枚数をご明記の上


info@haradasahanji.com

まで・・


茶でもしばこうか




AD
 |  リブログ(0)
2013年07月12日(金)

「光るジュレのなかから」各界からの応援コメント!第二弾

テーマ:ライブ絡み

原田茶飯事のニューアルバム、まだまだ褒めてくれる文章もらっています!


↓↓↓↓↓↓↓↓


世界中のお洒落を煮込んで出来た極上のエキスに
毒を混ぜて、美味しく飲まされた気分です。


僕の寿命が縮んでしまうくらいの
悔しくもラウンジソウルな超名盤。
名盤を探検してみつけた76年って感じ!!


辻凡人(bonobos)


------------


決して易しくはない楽曲。
しかしものすごく優しい歌たち。

この作品が、彼の小さな部屋でほぼ一人で作られたということは、
メジャーレーベルの豪華なスタジオや機材がなくても、
友達がいなくても、

素晴らしい詞と曲と最高のアレンジさえあれば名盤は出来るという証明にも値するとおもう。


大久保潤也(アナ)


-------------


勢いでキャンピングカーを買ってしまって、

毎日旅をしながら暮らすことになりました。


いやあ発見が多いですね、このアルバム。

どこを走っても発見があって、

どこから来たのかさえ忘れさせてくれるトリップ感もある。


旅のお供にもってこいだ。


専らキャンピングカー暮らしとなった私にとってこれはもう

必需品となっている。


喜びも悲しみも全部乗せて。


人生は旅だから、音楽は愛だから。


早瀬直久(ベベチオ)


---------------


8月1日リリース、全国リリース!


タワーレコード予約には特典付き☆

~インストアライブ~


タワーレコード新宿店 9月19日(木) 19:00~


他店も随時発表!

 |  リブログ(0)
2013年07月08日(月)

帝銀事件

テーマ:ライブ絡み



先週は名古屋のワンマンと大阪のライブサーキット「見放題'13」

見放題のプレイベント「有放題」、

そして名古屋でお世話になってるゴリコってバーの店長の結婚パーティー

それぞれの会場で熱唱。

茶でもしばこうか

(見放題の会場。お客さんいっぱいきてくれた!)

他には

ソラトニワ梅田ていう梅田阪急内のラジオ局の番組「UMEHAN CIRCUS」

西村愛ちゃんがパーソナリティの日に

新譜を流してもらいつつ談笑したり


茶でもしばこうか

(DJの西村愛ちゃんと。)


新譜の営業にあちこちいったり

まあ色々充実した1週間。


と、うれしいことに

ポータルサイトCINRAのCINRA storeで原田茶飯事のグッズ商品が

取り扱われることになりまして

順調に新譜発売にむけて

走り出しております。


原田茶飯事の

アイフォンケースやトートバッグが8月くらいから買えますよ¥

CINRA store site

http://store.cinra.net/





8月1日以降、バンドでのリリースパーティがいくつかありますが

6曲くらいはニューアルバムからやれるようにがんばります!(メンバーが)



新しいアルバムは

ほとんどぼくが演奏してるので

メンバーがその演奏を租借して

自分なりのプレイに変換する作業はむしろ

イメージが狭まるからむつかしいとおもうんやけど


原田茶飯事バンドのメンバーはいい感じにやってくれるはず。。



--------


◎8月19日(月)京都 四条 磔磔(たくたく)
「原田茶飯事『光るジュレのなかから』 Release Live」


【出演】原田茶飯事バンド
〔スペシャルゲスト〕坂本頼光(活弁士)

open/start 18:30/19:00
前売 / 当日 2400円/2800円(ともに1ドリンク別途+600円)


サザザさんでもお馴染みの活弁士・坂本頼光を迎えてのリリースライブ。

この日の原田茶飯事バンドは
〔ドラム〕桷エイチロ(樽木栄一郎)

〔ベース〕野島亮

〔パーカッション〕沖田ユウスケ
〔パーカッション〕浜田淳

〔エレキギター〕福永さとし

〔フィドル〕欅 夏那子
〔鍵盤〕佐々木悠

〔ガットギターボーカル〕原田茶飯事


ちなみに坂本頼光さんの動画はこちら!↓

http://youtu.be/gDZH9xCPoFo


頼光さんとバンドのコラボも有り




◎8月28日(水)東京 新代田 FEVER
「原田茶飯事『光るジュレのなかから』 Release Live」


【出演】原田茶飯事バンド/金 佑龍と横浜方面

open/start 19:00/19:30

前売 / 当日 2300円/2500円(ともに1ドリンク別途)

※この日の原田茶飯事バンドは
〔ドラム〕桷エイチロ(樽木栄一郎)

〔ベース〕野島亮

〔パーカッション〕沖田ゆうすけ
〔エレキギター〕福永さとし

〔鍵盤〕梅本多朗

〔サックス〕田中優至(UJ)
〔ガットギターボーカル〕原田茶飯事


ご予約はinfo@haradasahanji.com

まで・・

 |  リブログ(0)
2013年06月30日(日)

「光るジュレのなかから」各界からの応援コメント!第一弾

テーマ:ライブ絡み

褒められて伸びるタイプとしては

たけのこレベルの速度で伸びざるを得ない、


コメントをたくさんいただいております。



↓↓↓↓


最初聞いた時に名曲揃いでビックリした、
原田茶飯事さんが2010年にリリースした

最高傑作アルバム「MAMMOTH HAPPINESS」
に並ぶ新たな傑作アルバムが誕生。


JazzyでSoulでPop、
歌もメロディーもアレンジも魅力十分な
1曲目から5曲目まで
あっという間に聞いてしまうこと必至。


その後6曲目からラストまでアコースティックギターの響きを
活かした楽曲が続く構成で、
ある意味アンビエント的な感覚も流れていて
心を和ませてくれます。


心和んだところで、
再び1曲目から聴きたくなる人達が続出しそうな予感が・・・

DJ YOGURT(Upset Rec)

---------


彼とは共に深酒したことしかないが、このアルバムを聴けば、いくつも共通の音楽趣味を見出せる。
70年代のSSWやブラジリアン~ソウル・ミュージック、ビートルズにトロピカリズモ。
特にその独特の浮遊感が心地よい。
光のジュレのなかに音楽の力を信じるロマンティストの原田茶飯事が見える。


橋本徹 (SUBURBIA/カフェ・アプレミディ)


----------


デジタルなサウンドとデジタルな声に慣れてしまうと、
何の誤魔化しもデフォルメもない茶飯事君の生の声と
楽器が一回り小ぢんまりとした空間に収まっているように
聞こえるけれど、その空間には陰と陽が程よく配置されていて、
天蓋とライトの下には一人で寝そべるのに丁度良いスペースが空いているように感じました。


あらゆる楽器が主張をやめて声を囲むように寄り添っているので、
私もその輪の端っこで声に寄り添うように耳を傾けながら、
今聞いているところです。


フレネシ(シンガーソングライティングアニメーター)
-----------


歌って、人間の声ってすごいな、と。まずその一言が浮かびました。
一人でいる時、大事な人といる時。幸せなとき、寂しいとき、つらいとき。
なにも言わずに聞いてほしい、なにか暖かいほっこりしたものが
優しく押し寄せる素晴らしい1枚です。
原田茶飯事、この人の音楽とびきりです。


Iori Wakasa (Leaves Records)

-----------------

茶飯事による天気予報図。
このアルバムを聴いて、今週の予定を立てよう。


前越 啓輔(おとぎ話)

------------------

普段こんな言葉を使う機会がありませんが、
一曲目を流すといきなり ”甘酸っぱい” 気持ちでいっぱいになった。

そして飲んでもないのに梅酒を飲んだ気になって、
顔が梅みたいに紅くなり、いきなり陽気で妙なステップを踏み出す、
みたいな、本もそこそこしか読まないのに文学的な文章を書きたくなる、
ロマンチックのロくらいしか知らないわしが、
ちょっと背伸びしてロマンチックな気分にさせてくれるアルバム。

みなさまも是非甘酸っぱい体験してください。


YeYe (シンガーソングライター)

--------------


新緑の朝、昼下がりのドライブ、夕日の沈む海、
蝋燭の灯りが揺れる夜、黄昏る夜更け。


隣りに寄り添う原田茶飯事の音楽。


dj sleeper(りんご音楽祭/瓦RECORD)

----------------

サウダーヂってことばの意味がどうしてもわからないのだ

ボサノヴァやブラジルに詳しい知り合いが
いつだったか教えてくれたのだけど


結局「それってニッポン語では説明しきれないってことだよね?」
迷宮入りしてしまった


単語に対応しないものをどう表現するか
一つのことばに乗せきれない

あるいはことばとことばの間をふわふわと漂って
滑り落ちてゆく「気分」をどう伝えればいいのか
だから歌があるんだと思う
思った


「思った」と書き直したのは
茶飯事の歌を聴いたからだ

この人の歌はわかりやすい

メロディも
歌詞も
声も
ギターも
どれも血管からすっと入ってくる
入ってきて

音楽の喜びをからだの内側いっぱいに溢れさせ

しかも

ただ「わかりやすい」だけじゃなく
楽しいだけじゃなく
ちゃっかり何かを残してゆくのだ
何とも云えない気分を

それがノスタルジーなのか
切なさなのか
憬れなのか
かなしみなのか

ぼくは
いまだ言いあてることばを見つけられない



茶飯事へ
これがサウダーヂってやつなのかい
まあ尋ねてみたところで
きみもまた「それはただの気分さ」って笑うんだろうけど


ゆーきゃん(シンガーソングライター)


------------


皆さんもブログ、ツイッター、フェイスブック、ミクシイ、井戸端会議などで

原田茶飯事を褒めてもらえますと助かります・・・



茶でもしばこうか

 |  リブログ(0)
2013年06月29日(土)

原田茶飯事による新譜 全曲紹介3(まだ発売もしていないのに)

テーマ:ライブ絡み

9曲目 「すきだよ」


ガットギターとフィドル(パイレーツカヌーの欅 夏那子によるもの)

のシンプルな演奏のバラード。



http://www.youtube.com/watch?v=MENrJ9IqMcM


このときの演奏とは微妙に歌詞、編曲が変わっています。



--------


10曲目「夜更かししよう」


年末、眠い目をこすりながら「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」

のスペシャルを

みている様子を歌った多幸感溢れる曲。


本編としては最後の曲だけど

一番最初にレコーディングした曲。


昔一度マイスペースにデモ版をアップしたけど

それよりは数倍完成度があがってて

この曲も欅 夏那子のフィドルがいいスパイスになっています。


あと

最後、合唱してるパートに

クリームチーズオブサン時代のメンバーである前川サチコが

さりげなく参加しています。



コーラスが一番凝っている曲。


---------


11曲目「フジヤマ」


一番古い曲で 昔CDRでライブ会場限定発売で出した曲。


歌を歌いなおし、アレンジも少し変えて微妙にリチューンされています。


「夜更かししよう」が最後の曲できれいに終わっていて

この曲をアルバムのどこにも良いいれどころがなくて

没曲にしてもよかったけど


最近

富士山が世界遺産に登録されたタイミングもあって

ボーナストラックとして収録してよかった1曲です。



以上、全11曲収録の「光るジュレのなかから」。


2013年8月1日発売

全国のCDショップおよびアマゾンなどで
予約受付中!!
※タワーレコードで予約特典有り
タワーレコード予約サイトは

http://tower.jp/item/3266639/%E5%85%89%E3%82%8B%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%89

↑こちら↑

☆★☆★☆★☆



茶でもしばこうか

 |  リブログ(0)
2013年06月28日(金)

原田茶飯事による新譜 全曲紹介2(まだ発売もしていないのに)

テーマ:ライブ絡み
前回にひきつづき、まだ発売していない音源のことを
事細かに綴るセルフライナー2回目。


6曲目「冬がはじまると」



似たようなタイトルの大ヒット曲がありますが、それはさておき

http://youtu.be/mz2W8Pty23U


年末~年始にかけての曲です。


(本当はこのアルバムは今年の頭に出せたらと思っていたので
冬っぽい曲が多いのですが
途中で絶対無理と気づき、何曲か没にした。)



ウクレレをバックに
ボコーダーやソプラノフルートやクラリネットが
可愛くユニゾンしたりハモッたりする

60年代ソフトロッキンな曲調に



日常を
醒めきったシニカルな視点でみつめながらも、
愛されたいという欲望をさりげなく吐露する歌詞が乗っかるという
ぼくの好きなパターンです。

干支を、けもの呼ばわりしている罰当たりな曲。


終盤で 左卜全のようなデス声が聴けます。(おかげで のど潰しました。)


--------

7曲目「青空でも曇り空でも」



60年代アメリカのシンガーソングライター系のシンプルな
構成。


愛しい家族がまつ家路を「青空」と比喩した
この曲

http://youtu.be/yyb7Nafm1bY

のアンサーソングというとおおげさか・・。


弾き語り版はこちら↓
http://youtu.be/uvzMowX-oVU

--------

8曲目「光るジュレの中から」

アルバムタイトルのこの曲(ちなみに「なかから」と「中から」で
表記が微妙に違う)は

個人的に一番すきな曲。


朝帰りして布団に潜り込んで、
数時間後からはじまる仕事(や学校)を
ほぼ ずる休みする気持ちのまま

ずるずると眠りに落ちていく
背徳のなかの幸福感を歌ったデカダンス・ソング。



セルジュゼンズブールのようなけだるさを
含んだボーカルに
友達から300円で買ったアナログシンセが
後半でキッスをせがむように
可愛らしく絡み

コンガやオルガンとリズムのバトンを受け渡しする
後半が聴き所!



〔発売日を待ち焦がれるのを期待して続く。〕

☆★☆★☆★☆

原田茶飯事/光るジュレのなかから

2013年8月1日発売

全国のCDショップおよびアマゾンなどで
予約受付中!!
※タワーレコードで予約特典有り
タワーレコード予約サイトはこちら


☆★☆★☆★☆

$茶でもしばこうか
 |  リブログ(0)
2013年06月27日(木)

原田茶飯事による新譜 全曲紹介1(まだ発売もしていないのに)

テーマ:ライブ絡み
読むと欲しくなるようなこともまれにあるかもということで・・



原田茶飯事による新譜の全曲ガイド!(まだ発売もしていないのに)


リスナーが聴きながらみることを前提としながら
文章をおこしていますので
お買い上げの際にはぜひ聴きながら
みてください。


1曲目「はだかのうたをください」


マーヴィンゲイの「What's Going on」的なヨコ揺れとともにお届けする
オープニングナンバー。


詳しくは
http://ameblo.jp/harada-sahanji/entry-11545060662.html



2曲目「金色の人生」

大昔に骨董市で買ったぽんこつのキーボードのリズムマシンの
速度を手動で加速させてはじまるサンバロック。


キリンジのように頭の良さそうな転調で
ドラマティックに展開するこの曲は

マリオがスターをとった無敵感のまま
生きていければ最高・・みたいなテーマの曲です。

※任天堂のスーパーマリオブラザーズってゲームを知らない人には
よくわからない文章で申し訳ないです。


なんしか、アルバムで一番速く、いろんな楽器が入っている曲で
ハーモニカソロ、エレキギターソロ、シンセソロが
なかなかキャッチーです。


3曲目「あしたも晴れるな」

AM7からはじまってBメロでE♭m7へいくところなんか
中々ドラマティックでこれもまあまあ変な転調をする曲。

不眠がテーマ。

半年ほど前 不眠の時期があったので
睡眠導入剤を買ったけど
いざというときのためにとってあってまだ
一度ものんだことがない。


「かさぶたが汚くめくれるように 朝日が昇る」
というフレーズのときに鳴っている
カサカサ音は
爪やすりです。

この曲の間奏でグロッケン(鉄琴)を使おうと思って
ヤフオクで落札を試みるも競り負け続け、
結局あけていたスペースに田中ゆうじ(UJ)による
サックスソロが格好良くきまっています。

ちなみにグロッケンは
レコーディングが終わったタイミングで落札しました。。



4曲目「ひみつの茶飯事」

このアルバムでは数少ないボサノバ調の曲。

初心者(ぼく)が吹くクラリネットがうまく誤魔化されて収録されています。

エンディングで鼻笛という奇妙な楽器が
ミュージックソウ(のこぎり)に近い浮遊感を出しています。


秘め事は素敵だけど隠さなくていいならもっと素敵っていう感じの曲。


2分で終わるところも気に入っています。



5曲目「ピクニック」

ずいぶん前からあった曲で、コード展開などを再考して収録。

諸行無常みたいなことをかなりポップに取り扱った曲。


曲中には
頭の悪そうな声をした女の子や乞食や、お婆ちゃんや
少年時代の悪友、電車待ちの人々や野犬など
ぼくの詞には珍しくいろんな登場人物が顔を出す。


なかなかサビが来ず、3分くらい経ったところで
わりとポップな大サビがきて
またすぐ平たいメロに戻る というのが
粋なのではないかと・・・。


エレキギターがリズムを刻んでいるからか
このアルバムでは良い引き締め役になっている気がします。

この曲の最後にまたUJによるサックスソロがあるのですが
なんと当日スタジオに入る10分くらい前に曲を聴かせて
思うように吹いてもらったというのが嘘のような
明確な行き先を持ったソロです。

うちに遊びに来ていた沖田ユウスケがコンガを叩いて帰って行ってくれたのも
良い思い出です。


演奏した楽器:ドラム、ベース、エレキギター、オルガン、シンセサイザー、
      ホイッスル、アコースティックギター、タンバリン、シェイカー、ピアニカ



〔購買意欲をそそるように続く〕

☆★☆★☆★☆

原田茶飯事/光るジュレのなかから

2013年8月1日発売

全国のCDショップおよびアマゾンなどで
予約受付中!!
※タワーレコードで予約特典有り

☆★☆★☆★☆
 |  リブログ(0)
2013年06月26日(水)

東京黎明ノート

テーマ:ライブ絡み

今日は「東京黎明ノート」というWEBサイトの取材にいってきました。


なんでも8月の発売に合わせて特集を組んでくれるとか!!

結構がっつり載せてもらえそうなので

またこちらもアップされ次第お知らせさせてもらいます。



茶でもしばこうか
ぼくの たおやかなニューアルバムのジャケットは

原田茶飯事Tシャツでもおなじみ、

デザイナーの佐藤美紀さんにおねがいしました。



茶でもしばこうか
(原田茶飯事Tシャツ。一番好きだった青は廃盤色に・・)



アルバムのコメントも続々いただいております。


近々サイトやブログでも公開します!



最近決まった7月の東京ライブ。


詳細はまだ不明ですが

7月26日(金)に神田のギャラリーで

絵描きの近藤康平くんとマンツーマンの

がっつりライブペインティングイベントです。


と、


7月27日(土)東京 江古田 いちカフェ

開演は17時から。

1500円1ドリンク付という懐に優しいお値段!

こちらもワンマンです。


(現在すでに席数が半分強埋まっているようなので

ご予約はお早めに・)


http://haradasahanji.com/

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。