.
フィットネス界、医学関係界、の人なら知っているだろうが、
「BMI」は、
普通標準で健康なのが「18.5~24.9」で、最もよいのが22。25以上は肥満。
「ではなく」、
最も健康的(長寿)なのは、
女性は「23~24.9」
男性は「25~26.9」
であることを。

これは、長年の大規模な実際の調査から明らかとなっている。

痩せているほうが、健康的に見える、見た目には良い、となのだが、
実際には、痩せていることは、健康に良くない。
健康的ではない。

調査からも明らかなのだが、
痩せているということは、必要な栄養素と量が、口から身体に入ってきていない可能性が高い。
少し太りぎみは、(余分なものも入ってきているかもしれないが)
必要な栄養素と量が身体に入ってきている可能性が高い。
とも言える。

BMIの数字だとピンとこないし分かり難いので、
実際の体重を表すと、

女性。ex:
身長 156cm → 55.9kg~60.0kg
 157 → 56.6~61.3
 158 → 57.4 ~62.1
 159 → 58.1~62.9
 160 → 58.8~63.7
 161 → 59.6~64.5
 162 → 60.3~65.3
 163 → 61.1~66.1
 164 → 61.8~66.9
 165 → 62.6~67.7

 男性。ex:
身長170cm → 72.2kg~77.7kg
 175 → 76.5~82.3
 180 → 87.1~87.1

が、最も健康に良い体重だ。

もちろん当たり前に、体重だけで健康は計れない。
が、
体重だけの切り口でみれば、
上記の身長からみる体重が正しいのである。

特に捉えなくてはならないのが、
女性の痩せていること、痩せすぎていることである。

上記身長からみる体重を下回っていたら、
それは健康な身体ではない。

フィットネス界は、太っていることには、うるさいが、
痩せている痩せすぎていることに、
「フォーカスをあてな過ぎ」ではないのか。
 
痩せている女性が、フィットネス会員でいたら、
太っている人に、もう少し痩せた方がいいですよ~。と言うように
(実際は、そんなにはっきりとは言わないが)、
上記数字よりも痩せている女性に、
はっきりと、もう少し太った方がよいですよ~。と言うべき伝えるべきである。

少し太っていても、上記範囲であるならば、
健康には今のままが良いです。痩せる必要はありません。
とはっきりと伝え言うべきなのです。

それが正しいその人の「健康」だからです。

それをほったらかしにし、触れず隠しているなら、
それは健康を売る、フィットネス産業ではない。

フィットネスクラブで、健康を売りにすべきではない。

相手(フィットネス会員)に希望に合わせてそれを隠し触れずにいるなら、
それは単なる接客業であり、
あたかもイメージの良い健康をおもてにして、
フィットネスを経営すべきではありません。

なぜならそれは、「健康」は人間にとって、
最も必要重要なことだから。

痩せていることは、良くないこと。

上記体重内がもっとも健康なのです。
はっきりとそれを痩せている会員に伝えましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・


FBL大学
※定例勉強会&懇親会
http://fbldaigaku.net/study201803.html