こんばんは。原田綾子です。

(初めてここにお越しになられた方へ。私のプロフィールです。

 

この記事の続きです。

教員を退職して、この仕事を始めた12年前

ママ友もいなく、

近所づきあいもなく

もちろん「勇気づけ仲間」などなく・・・


 

「どうやって勇気づけを広めよう」

 

でも、考えるよりも、

体が勝手に動いてしまう私がいた。

 

どうしようなんて考えている暇があったら


動こう!

行動したい!

 

image

 

熱い想いが心の底から溢れてくる。


なんの迷いもありませんでした。

 

 

 

いよいよ講師としてデビューしたい!

と思った矢先に、

アドラーの講師の先生(女性の方)から

 

「わたしの講演会を主催しませんか?

講演会の最後に綾子さんを紹介します。

そこであなたの夢を語り

講座の宣伝をしてみませんか?」

 

 

と提案いただいたのです。

 

 

わたしの活動のキッカケになればと

わざわざご提案くださった先輩先生。

 

わたしは「はい!やります!」と

人生初の集客をすることになりました。

 

image

 

埼玉県川越市内のホールを押さえ、

100名の定員を埋められるように

チラシを作り、新聞折り込み広告もしました。

 

ポスティングも毎日やりました。

私と夫と娘と・・・。
来る日も来る日も、あちこち歩いた。

 

でも・・・申込がない・・・ガーン

 

 

そこで友人に声をかけるものの

友だちが少ない私はそんなに見込めず

日にちだけが過ぎ

ついに、

その先生の講演会1週間前になり、焦りました。

申込者は20数名・・・。

 

 

他県からはるばるその先生に来て頂くのに

100名のホールに20名はまずい!!

 

先生に失礼だ・・汗

 

どうしよう~~!!

 

集客って難しいんだ・・・

 

と、その時初めて解ったのです。(゚_゚i)

 

だって、

教員の仕事に「集客」なんてない。

チラシ作ったこともない。

 

いわゆる「読まれるチラシ」なんてのも

知らなかった!!

 

チラシ効果は0.01%と言われることも

知らなかった。

(1000枚配って1人申込があればよいほうという法則)

 

もう、できることはなんでもやる!!

 

とにかく当日たくさんの人で

会場を埋める!!

 

せっかくいただいた機会。

たくさんの方に、アドラー心理学を知って

活かして頂きたい。

 

動く!動こう!

 

そして、わたしは何をしたかというと・・・

 

 

 

国道254を車で走りながら

ふと、ある会社の建物が見え・・・

 

「たしかこの会社の社長さん、

わたしの知人の知り合いと言っていたな・・・

 

よし!

飛び込み営業をしてみよう!

 

そう思い、チラシを持って

いざ、ドアを開ける。

 

 

 

すると、すぐ前に社長さんがいた。

 

話を聴いて欲しいと言うものの

社長さんは、機嫌が悪そう。

 

(怖いよ~~~汗

 

わたしがチラシを見せて

お話をするも

斜に構えているような態度汗

 

そりゃそうだよね。

突然知らない人に会社に来られて

わけもわからない講演会の宣伝されて。笑

 

 

そこで、わたしは、チラシの話よりも

わたし自身の経験を話した。

 

 

教員時代、崩壊状態のクラスを任されたこと

子どもたちがどんどん伸びていったこと

感動したできごと、エピソード

私の想い、

熱く、熱く語ったら・・・

 

社長さん、目の色が変わった!

 

「今週末空いてる?」

 

え???(゜д゜;)

 

 

「週末に、青年会議所の飲み会があるんだよ。

そこに来ないか?

そこで、今の話してみないか?」

 

 

えーーーー!!!??

 

いいんですかぁ??

 

若い社長さんたちが30名くらい集まるとのこと。

そこで、講演会の宣伝をしてもいいよって

突然アポ無しで、どこのどいつかもわからない私に

あったかいお言葉を!!

 

社長さん!ありがとうございます!!

 

 

いよいよ当日、大きなお座敷のテーブルに、

若い社長さんたちが30名ほど

 

全て社長さんたちの会合、ってのも

教員時代には経験がない!

 

初めての経験にドキドキ・・・

 

image

 

こういう世界もあるんだなぁ~と

新鮮さを感じながら、

社長さんが私のことを紹介して下さいました。

 

「こないだ出会った人なんだけどね

みんな、話を聴いてくれるか?」

 

と、私がすぐに皆さんにお話をすることに。

 

 

 

わたしはこんな人間です。

もと教員でこれから

こんなことをやっていきたいです。

 

ということを話し、

 

そのために、先生を呼んで講演会を企画し

少しでもアドラー心理学を広めていきたいのです。

どうか、みなさんのお力を貸して下さい!

 

というようなご挨拶をすると・・・

 

 

 

社長さんたちが、

 

「応援しますよ!

チラシみんなに配って!」

 

と気さくに笑顔で言って下さり・・・

 

「よし!うちの会社の社員みんなで行くよ」

 

とか

 

「原田さん勇気づけの講座できるんだね。

うちの奥さんを通わせたいな。

奥さんに話してみるね。」

 

などなど

 

あったかーーーいお言葉をいっぱい頂き(:_;)

 

 

当日、本当に社員を連れて
講演会に来て下さった社長さんや

奥様とご参加くださった社長さん。

 

知人に紹介してくださった方もいました。

 

image

 

わたしは私で
できることをひたすらやっていきました。

 

講演会までまだ数日ある!

 

長女の幼稚園のママ友に話をしてみたり
川越ケーブルTVに電話をし

市内で講演会やるのでCMを流して欲しいと頼み

字幕だけですが、

お知らせを放送してもらえることになりました。

 

 

そして、なんと!

講演会は当日、

77名の方が参加してくださったのです!

 

 

しかも、子連れでもいいようにと

アドラーのセミナーで出会った男性2人が

(保育士の方)が託児をしてくださることに。

 

世界はあったかいんだ・・・。

 

わたし一人では成し遂げなかった

たくさんの方のご協力をいただき

当日最高の場を作ることができました。

 

 

講演会も無事終了し

たくさんの方に喜んで頂くことができました。

 

2007年、12月のことでした。

 

講演後、わたしも10分ほど

お話をさせていただきました。

 

当時、ブログに

顔と名前は出してなかったので苺ですが。笑

 

講演会終了後、数名の女性が

ホールの出口のところで声をかけてくださいました。

 

なんと!その中から3名の方が

わたしの子育て講座にお申し込みくださったのです!

 

アメブロからも知らない方から

お申し込みが来ました。

 

このチャレンジを自信にし

ここから私の全力人生がスタート!

 

公民館を押さえ、お話会を企画。

 

こんなことするの初めて。

 

まぁ、不完全でもいいや、

走りながら考えようと即実行!

 

 

始めたばかりの(2007年)

読者数30人ほどの小さなブログで

5百円とか千円のお話会を告知。

 

 

どこのどんな人かもわからない

講師の経験も少ない私に

会いたいと言ってくれる人がいる。

 

嬉しくて心を込めてお話をさせていただいた。

 

そして、何度でも開催した。

 

12年前は自分で和室に座布団をしき、

テーブルを組み立て

手書きの受付表を用意し、受付をし

息を切らせながら、汗をかきながら話を始める。

 

そして会を重ねるごとに参加者数は増えていった。

 

だんだん小さな場所だと人が入りきらないので

公民館の大きな和室を予約した。

 

当日、その和室に行ったら驚いたことに鍵が開いていた。

 

Kさんという女性がなんと

せっせと会場の準備をしていた。

 

Kさんは

私の初めての講座時に参加してくださった方で

何度も私の講座に足を運んでいた方。

 

「綾子さん、一人でいつも準備大変でしょう?

お手伝いしますね!」

 

と笑顔で手伝いをしてくださった。

 

わたしは泣きそうになった。

 

 

わたしは一人じゃない。

応援してくれる仲間がいる!!

 

涙をこらえながら

2人で座布団と長テーブルを運んだことが

もう相当昔のことのように思える。

 

 

今の想いを熱く語った。

 

その放送を見て、また数名の方が、

講座にお申し込みくださった。

 

できることは何かと考え

ノートに書き込み、全てやってみた。

 

リクエストがあればどこにでもでかけていった。

 

それは、まるでゲームを攻略するように

レベルアップしていくようで楽しかった。

ごきげんに努力を重ねた。

 

 

最初に出張したのは千葉、柏。その次、神奈川県。

全国どこでも行った。



 

気づいたら、開催する講座は常に満席で

自宅の部屋では狭くなっていった。

 

 

都内のセミナールームで講座を開催していた時期も。

 

ipodfile.jpg

 

税理士から法人化を進められ2012年に

埼玉県富士見市(ふじみ野駅前)に会社を設立した。

 

「コツコツ種まきをしっかりと。

いつか必ず芽が出る。」

 

この言葉を胸に

自分を何度勇気づけてきたことか。

 


 

無理に「成長しよう」とか、

なにかを「成し遂げよう」

とか力まなくても

わたしたちは無限の可能性を持っている。

 

生まれながらに誰の中にもある「勇気」。

 

自分が持っている可能性を信じてみよう。

 

そして今できることを小さくてもいいから

行動しよう。

 

 

 

集客が難しい、活動の機会がない、

そんな風におっしゃる方もいますが

 

できること片っ端から全部やってますか?

これ以上できないっていうくらい行動してる?

そして、全力出してる?行動量足りてる?

 

ここをチェックしてから「できない」と言ってください。

 

(・・・と、リクエストにより

前回より辛口度高めてみました。笑)

 

image

 

どなたかの一歩を踏み出す

チャレンジする「勇気」になったらいいなと

駆け出しの頃の経験を書いてみました^^

 

10日間毎朝お届けし、その後は 毎週月曜、朝8時お届けします。

宝石ブルー無料メールレター潜在意識を味方に「ごきげんに生きるヒント」