繁盛店になりたいですか? | ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記

ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記

ロックと聖書でマーケティングを語る、ロックな税理士 原 眞人の伊東市から発信する中小零細企業の社長のための、「経営」「財務」「税務」のお役立ち情報です。


テーマ:
おはようございます。伊東市・中小企業元気アドバイザー、

伊豆夢(イズム)こと

ロックな税理士、原 眞人(ハラマサト)です。

■繁盛店になりたいですか?

先日、家族で地元の鰻屋さんへ行ってきました。

年に一度の我が家の楽しみ。

その鰻屋さんは30年来通っているのですが

ここ2~3年、いついっても混んでいる。

店の外に行列もできている。

なぜ、こんなに混むようになったのか分かりません。

以前は予約なしでも全然OKだったのに

今は予約しても何十分待たされる。

以前は夫婦二人でやっていたのに

人も2~3人増えている。




はたから見れば、繁盛店

でも、どうだろう?

そう思ってしまう。

繁盛店になると売り上げが上がる。

でも、その分、人件費が嵩む。

そして、これが一番、怖いのが

今までの常連さんが離れていくリスクがあがること。

繁盛店になると顧客対応が疎かになる。

混んでいる店内で、今まで受けていたサービスより

下回る対応を受けたら

「また来よう!」なんて思わなくなるのは

当たりまえです。


僕も、寒い店外で40分も待たされているときに

「もう来るのやめよう」と思ってしまった。


繁盛店の客の半分は一時的にやってきている客。

残りの半分の常連さんに今まで以上のサービスが提供

できるのか?

ここが最も難しいところだと思います。



大事なことは、いつも聖書とロックが教えてくれた。


ラヴ&ピースKeep on Rock’n


今日も楽しく、誇りをもって行こう!

伊豆夢(イズム)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス