本日、伊豆新聞をご覧の方に~宇佐美地区がいいわけ~ | ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記

ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記

ロックと聖書でマーケティングを語る、ロックな税理士 原 眞人の伊東市から発信する中小零細企業の社長のための、「経営」「財務」「税務」のお役立ち情報です。

おはようございます。

ボクのブログへご訪問いただきありがとうございます。


伊東市・元気アドバイザー、伊豆夢(イズム)こと

ロックな税理士の原 眞人(ハラマサト)です。


■ 宇佐美地区がいいわけ


本日8月19日伊豆新聞に掲載された原会計事務所の広告はこんなんです

ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記
クリックして下さい。読めます!

お店をやっていくために一番必要なものはなんでしょう?

お金?

まぁ確かに事業資金は必要ですが

その資金を生んでくれるのがお客さんですよね。

なので、あなたのお店に来てくれるお客さん

これが一番、必要です。

伊東市役所で公開されている伊東市の地区別の人口分布があります。

伊東市を宇佐美から赤沢まで15地区に分け、各地区の人数と

各年代の分布がまとめられています。


ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記
宇佐美地区に1万人もいるってビックリでしょ?クリックして下さい拡大できます!


これを見ると

伊東市全体の人口は7万人ですが

15地区のうち最も人口が多いのが宇佐美地区で1万人

伊東市全体の14%近くを占めています。

意外でしょ。宇佐美ってこんなにいるんですよ。

2位は玖須美地区で8千9百人で12%となっています。

各地区ごとの各年代の人数をまとめたものを見てみると

どの地区も55歳~74歳が多いのはいた仕方ないですが


ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記
宇佐美には子育て世代がけっこういます


宇佐美地区は湯川地区や松原地区に比べ、比較的、若い世代も

そこそこいるのが分かります。

玖須美地区も宇佐美地区と同じように、各年代がバランスよく

構成しています。


見込み客を考える場合、人口がそこそこあり、

10年後、20年後の購買力がある世代が

存在していなくてはなりません。

宇佐美は人口1万人で比較若い世代も居住しているので

申し分ないマーケットです。


若い世代がちゃんといて人口もそこそこあるのは

玖須美地区も同じですが

宇佐美が玖須美地区と決定的に違うのはそのロケーションです。


ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記




伊東市の地図を見てみると

宇佐美は他の地区とは違い、伊東の町中から3kmほど離れてた場所に

ポツンと存在しています。


ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記
赤い斜線が「宇佐美地区」マーケティングのエリアが山と海に囲まれています


玖須美地区は町なかから郊外の住宅地までカバーしており

そのエリアは広く、他のエリアとの境界が分かり難い。

ロックな税理士 原 眞人の「プロ社長を目指せ!」 伊豆夢(イズム)の日記
赤い斜線が「玖須美地区」町なかから郊外までエリアが広く、他の地区との境も不明瞭なので独立性が低い


独立間もない、経営的弱者が地域戦略を考える場合、

強い競合と戦わなくてすむエリアが第一条件となります。


玖須美地区は他の地区との境が不明確なので

近隣の地区と合わせてマーケットのエリアが構成され広範囲となり

大資本の店舗が進出する可能性が大きくなります。

たとえ玖須美地区に進出してこなくても近隣に進出してきたら

玖須美地区の見込み客は根こそぎ持っていかれてしまいます。


これに対し、宇佐美地区は海と山に分断され独立性が高く

そのマーケットも1万人程度なので

大資本の店舗が進出する可能性は低いです。


海・山・川で分断され独立性が高く、市場規模が小さな地域は

(=港町、川べり、山裾などがこれに該当します)

「郡部型一騎打ち戦的地域」

と呼ばれ、強い競合からの圧迫を受けずに経営が可能となり

比較的、短い時間で地域ナンバー1となることができます。


どこの地域に出店し、どのエリアでお客さんを作って

いくかって、とても重要です。

経営戦略を考えるうえで、地域戦略はまず、第一に考えなければ

ならない戦略です。


社長塾「地域戦略」を9月より開講いたします。

日程等の詳細はご連絡下さい。


大事なことは、いつも聖書とロックが教えてくれた。

ラヴ&ピース、Keep on Rock’n

今日も楽しく、誇りをもって行こう!