ふう、

夏休みの工作も楽じゃねえ!

なかなか、うまくいかない。

ただいま、

廃品ロボットの作成中!

ヒモを引っ張るとロボットが手を上げるのだ。

パンダをイメージして

白と黒に塗っているのだ。

だけど、

ペットボトルになかなか絵の具がうまく塗れない。

計算外だった。

やってらんねえ!


工作2


でも、なんとかごまかして、作るしかない。

悪戦苦闘の末に

なんとか

夏休み工作が

できたぞ!

名づけて

金庫番ロボツトだ。


上のニャンコの貯金箱を動かすと

下のパンダロボットが

暴れるしかけだ。


両手を広げて

さわぐぞ!


どんなもんだい。


工作2


ちょっとグロテスクだけど

金庫番はコレくらい迫力があったほうがいいのだ。

私の夏休みはこれで終了!


やれやれ、

明日から

学校だい!

AD
工作1


ちっ!

楽しかった夏休みも今日でおしまい!

北海道の夏休みは短くていやだ。

せっかくの夏休みもあっというまに過ぎた。

最後の日々は、

宿題や工作の仕上げだ。


毎日、サボっていた分大変だ。


特に、工作はあせった。

何を作ろうかと迷い続けて夏休みの大半を過ごした。

あと、数日になっても決まらない。

そこで義父に頼んで技術的なことをやってもらった。

ヒヒヒ、

こんなとき義父は頼りになる。


それでも、この作業は大変だぞ!


やってらんねえ、

腰が痛くなってきた。


AD

ただいま夏休み

テーマ:

 先月、引越しした。

今度は、古い2階建てのアパートだ。

道路公園のスグ近くでやたら静かで環境がいい。

2階のお部屋の窓から見える景色はいろとりどりのお花畑だ。


 ママと義父はやたらとこの古いアパート住まいが気にいっている。

特に、ママの喜びようはハンパじゃねえ。

あたしの学校のために、通学圏内に引っ越したらしい。

だけど、ママも義父も認識が甘かったようだ。

たとえ、2キロメートルといえども、通学区域をはずれたら転校しなくちゃ。


 ママと義父は、引っ越してから、通学圏内を外れているのに気がついたらしい。

あわてて、学校に嘆願に行ったぞ。

ったく、やってらんねえ。


 あたしは、今、やっとインターネットができるようになったので、満足。

ママや義父がこの部屋を気にいってるなら文句はねえ。

転校にならないことを願っているけど、

だめならしかたない。

人生なんて、何一つ思い通りにはならないもんさ。


 この夏休みだって、いつまでも続けばいいと思っても

とくに北海道じゃ、8月半ばで終わってしまう。

その夏休みだって、あたしは、日本語の特訓に週二回、補修授業。


 先生のご苦労を思うとありがたいし申し訳ないし、

なのに、ぜんぜん日本語がうまくならない。

あ~あ、やってらんねえ。

でも、これでも、あたしの人生、まんざらじゃない。

そんな気がするだけでも、しあわせか。


AD